アーティスト・平子雄一氏とデジタルハリウッドの学生がコラボレーションし映像制作 『トーキョーワンダーサイト アートカフェkurage』で上映

PR TIMES / 2012年3月22日 17時2分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]では、公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイトとコラボレーションをし、「トーキョーワンダーサイト アートカフェkurage」内で上映される映像を、本科・デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(2年制)で学ぶ学生有志グループで、OJTとして映像制作をさせていただきました。

 この映像は、トーキョーワンダーサイト アートカフェkurage店内で開催中の平子雄一『庭先メモリーズ:ヤドリギ』展にて、3月6日(火)より3月26日(月)までの期間限定で上映されています。

 このようなプロジェクトは、在学中の学生にとって業界で活躍するための自信や制作実績に繋がり、卒業後すぐに産業界をリードする即戦力へと成長し、この取り組みは業界自体を活性化しながら人材育成をする「実践的産学協同」のプログラムであると捉えています。




■制作メンバー
 デジタルコミュニケーションアーティスト専攻全日2年制 
 大内仁美、甲斐文子、清川亜里紗、瓜田裕也、中村仁美、中山文男、
 田口宗孝、若林慧


■平子雄一氏からのコメント
 制作を進行していく中で、参加してくれた受講生のみなさんが、それぞれ
 個性的かつ得意分野をどんどん出してくれて、面白い映像が出来上がると
 感じていました。普段は、一人で作業するのがほとんどなのですが、今回
 は学生のみなさんとのコラボレーションということで、いつもとは違う刺
 激をいただきました。ありがとうございました。 
 是非アートカフェkurageにて、上映されている作品を見ていただければと
 思います。


■制作に関わった受講生の声(大内仁美さん)
 今回は、主にグループのまとめ役として参加させていただきました。
 授業の課題などと平行しての制作となり大変な時もありましたが、楽しみ
 ながら制作できたと思います。アートカフェkurageにて作品が上映されて
 いますので、多くの方に見ていただけると嬉しいです。


■トーキョーワンダーサイトとは
 トーキョーワンダーサイト(TWS)は、東京から新しい芸術文化を創造・発信
 するアートセンターです。若手クリエーターの支援・育成の場、TWS本郷。
 国際的な芸術文化ネットワークのハブとして、国内外の文化機関と連携し
 ながら、若手から国際的に活躍するクリエーターが発表・交流を行う場、
 TWS渋谷。国際交流拠点として創造的な制作・対話・教育を行う場、TWS
 青山:クリエーター・イン・レジデンス。3館を拠点に、「世界創造都市
 ・東京」のプラットフォームとして活動を展開しています。
 http://www.tokyo-ws.org/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング