STの技術が、中国の標準ホーム・ゲートウェイを実現するIGRSプロトコルをサポート

PR TIMES / 2014年4月10日 10時12分

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)とIGRS Information Industry Association(IGRS Alliance)は、多数のST製プロセッサが中国のスマート・ホーム規格「IGRS(Intelligent Grouping and Resource Sharing)」に対応することを発表しました。IGRSプロトコルのサポートは、Orly(STiH416)から開始され、各種製品シリーズ(Alicante / STiD12、Cannes / STiH312、Monaco / STiH412)へ拡張される予定です。また同時に、IGRS内にSTのワーキング・グループが設置されました。

STのグレーター・チャイナ&南アジア地区 デジタル・コンバージェンス・グループ担当バイスプレジデントであるYU Leeは、次の様にコメントしています。「STは、その主導的地位および中国のスマート・ホーム構想に関するIGRSとの協力により、同国のスマート・ホーム市場の発展をリードしています。」

IGRS Allianceの事務局長であるXiaolin HUANGは、次の様にコメントしています。「STの幅広い製品ポートフォリオを活用するこの協力により、私たちは中国のスマート・ホーム規格に基づくスマート・ホーム・エコシステムを構築できます。」

STのDOCSIS(R) 3.0認証取得済み(1)のケーブル・モデムIC(Alicante / STiD12)は、マルチメディア・ホーム・エンターテインメントおよび双方向ブロードバンド・サービス向けに高速ネットワーク接続を提供します。同製品は、データ転送レートが最大800Mbit/sと非常に高いため、セット・トップ・ボックスやホーム・ゲートウェイにおけるビデオとインターネットのデータ・サービスが、単一ネットワーク上で提供可能になると共に、複数のネットワーク接続型機器の同時利用への対応も可能になります。DOCSIS 3.0認証取得済みのICと関連ソフトウェア・スタックは、オンデマンド・コンテンツやストリーム・コンテンツへのアクセスを容易にすると共に、さらに多くの機器がサーバ / ゲートウェイ・ボックス経由でインターネット接続するための次世代インターネット・プロトコル(IPv6)をサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング