パナソニック、第9回エコプロダクツ大賞 受賞技術を紹介中! ~エコプロダクツ2012~

PR TIMES / 2012年12月14日 11時35分



東京ビッグサイトで開催している「エコプロダクツ 2012」(2012年12月13日~15日)へ出展中のパナソニック。パナソニックブースでは、この度、受賞しました、第9回エコプロダクツ大賞(エコプロダクツ部門)「国土交通大臣賞」の内容について詳しく紹介しています。パナホームがお届けする自然の恵みを生かす先進の技術で、エコで心地いいくらし。是非、ご家族お揃いで、パナソニックブースにお立ち寄りください。

■エコプロダクツ部門/国土交通大臣賞
【パナホーム株式会社:家まるごと断熱+エコナビ搭載換気システム~ピュアテック~】

▼受賞リリース
http://panasonic.co.jp/news/topics/2012/106351.html

▼特設サイト
http://www.panahome.jp/sumai/news/ecoproducts2012

受賞の内容は以下のとおりです。

■「家まるごと断熱」
基礎の内側にまで断熱材を施し、次世代省エネルギー基準を上回る断熱性能を実現することで、室内からの熱ロスを抑えるとともに、外気に比べ夏は涼しく、冬は暖かいベース空間(床下)の空気の活用を図ります。地熱の利用により、効率の良い冷暖房を実現します。

■「エコナビ搭載換気システム」
外気を直接導入せず、ベース空間(床下)の沈降作用による清浄な空気を、換気設備「呼吸の道タワーE」により、室内に取り込みます。その際、パナソニックの「エコナビ」機能が、室内外の温度差を感知し、機械・自然換気を自動制御。特に冬季は、温度差が大きくなることでの空気の重力差を利用した自然換気を行い、エネルギーを使わず外気に比べ暖かいベース空間(床下)の空気を取り込み、最適な換気量にコントロールします。さらに「ナノイー」による室内の脱臭効果も加わり、快適性・省エネ性を発揮します。

■ 受賞の決め手は「家まるごと断熱」と「エコナビ搭載換気システム」の相乗効果
年間を通して温度変化の少ない地熱を効率的に活用することで、冷暖房のためのエネルギー消費を削減するとともに、室内外温度差検知により、自然換気と機械換気の自動制御ハイブリッド換気方式を採用し、換気に必要なエネルギーの消費も抑制しています。基礎断熱・地熱利用・自動制御ハイブリッド換気の相乗効果により、快適性を維持しながら省エネを実現するパナホームの独自技術が、評価されました。


▼パナホーム ニュースリリース
http://www.panahome.jp/company/news/release/2012/1128.html

▼トピックス
http://www.panahome.jp/company/news/topics/ecoproducts/index.html

▼スマート・パナホーム
http://www.panahome.jp/smart-panahome/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング