国民的名探偵・浅見光彦が挑む、浅見家代々の謎!『遺譜 浅見光彦最後の事件』8月2日発売!

PR TIMES / 2014年6月13日 16時22分

角川書店 ブランドカンパニー

浅見光彦シリーズ第115作目は、国民的名探偵の探偵生命を賭した一作!



株式会社KADOKAWAより、「浅見光彦」シリーズ完結編『遺譜 浅見光彦最後の事件 上・下』を、8月2日(土)に発売いたします。
著者の内田康夫氏は、1985年『後鳥羽伝説殺人事件』で探偵役となった浅見光彦をデビューさせてから、現在に至るまで110作品を超えるミステリー小説「浅見光彦」シリーズを執筆してきました。本作、『遺譜 浅見光彦最後の事件』はその掉尾を飾る作品として構想され、上下巻の書き下ろしで刊行されます。国民的名探偵が迎える「最後」とは? シリーズ最大のターニングポイントをぜひお見届けください。

【あらすじ】
兄は刑事局長、父は大蔵官僚。早くして亡くなった父親のかわりとして浅見家を支える兄・陽一郎と、持ち前の正義感で日本中を飛び回っては事件を解決する光彦は、賢兄愚弟の好対照として、だれもが認めるところ。
だが、光彦34歳の誕生日を間近に控えたある日、光彦のもとに1通の案内状が届く。本人のあずかり知らぬところで決められていた誕生パーティに際し、浅見は美貌のドイツ人ヴァイオリニストから依頼を受け、ともに丹波篠山へ赴く。彼女は、祖母より「遺譜を受け取ってくるように」と言われていた。祖母が託した「遺譜」はどこにあるのか――!? そして、ドイツと日本、二つの国で次々に見つかる新事実、「遺譜」に記されていた内容とは? 第二次世界大戦当時から現代へと綿々と続く「盟約」を護り続ける者と、それを狙う者。浅見光彦が迎える史上最大の危機!

★『遺譜 浅見光彦最後の事件 上・下』スペシャルサイト:http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/ifu/
※盛りだくさんの作品情報を随時アップ予定!
===================================

~新刊発売に際し、Amazon限定先読み小冊子付き『内田康夫ベストセレクション 全15巻セット』発売スタート!関連文庫のカバーリニューアルも実施!~

★Amazon限定発売!『遺譜 浅見光彦最後の事件 上・下』先読み小冊子付き 内田康夫ベストセレクション全15巻セット
『遺譜 浅見光彦最後の事件』を先読みできる小冊子付きの内田康夫ベストセレクション全15巻セットを、Amazon限定で6月13日(金)より予約受付開始!一足早く最新作をお楽しみいただけます。
※予約受付ページURL:http://amzn.to/1qDKCFJ
※発売日:7月17日(木)予定

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング