GMOインターネットと日本マイクロソフトが提携し、Windows(R)アプリケーションのクラウド型開発環境を世界で初めて提供

PR TIMES / 2012年10月4日 10時53分

2012年10月4日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
日本マイクロソフト株式会社
===============================================================
GMOインターネットと日本マイクロソフトが提携し、
Windows(R)アプリケーションのクラウド型開発環境を世界で初めて提供
~Android(TM)、iOSなど他のプラットフォームの開発者が、
すぐにWindowsアプリを開発できる環境を用意~
===============================================================
 GMOインターネット株式会社 (以下、GMOインターネット)と日本マイクロソ
フト株式会社(以下、日本マイクロソフト)は、PC、タブレット、モバイルデ
バイス向けのWindows(R)アプリケーション開発市場の拡大を目指して提携し、
GMOインターネットが、アプリケーション開発者向けに、仮想デスクトップ*1
を利用した世界初のクラウド型開発環境「お名前.com デスクトップクラウド
for Windowsアプリ」を本日より提供開始したことを発表します。

 「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」は、開発者が
Windows 8 やスマートフォンなどの様々なデバイスに対応したアプリケーショ
ンを開発する際、開発用にPC環境やソフトウェアを準備することなく、コス
トを抑えてすぐに開発を始められる、クラウド型の開発環境です。従来の
Windows アプリケーション開発者に加えて、Android(TM)やiOSなど他のプラッ
トフォームでアプリケーション開発をされてきた方など、幅広い開発者が
Windows 8の新しいユーザーインターフェイスやマルチタッチなどを活用した
アプリケーションを容易に開発できるようになります。クラウド型の開発環
境であることから、MacなどWindows以外の端末からも利用でき、また、海外
でもインターネットにアクセスできる環境であれば、いつでもどこでも同じ
開発環境が利用できます。両社では本開発環境をより多くの開発者に利用い
ただくため、アプリケーション開発者向けの支援も連携して実施します。

*1:仮想デスクトップ…GMOインターネットが有するデータセンター内の
  サーバー上に仮想的に構築したWindowsデスクトップへ、自宅のPCや
  スマートフォンなど外部の端末から接続できるリモートデスクトップ
  環境です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング