i-dio北海道ブロック札幌親局 本日(3/11)無線局免許交付

PR TIMES / 2019年3月11日 16時40分

北日本マルチメディア放送も業務認定、札幌開業は4月1日を予定

株式会社エフエム東京(代表取締役社長:千代勝美)が中心となって設立したi-dio(V-Lowマルチメディア放送)の事業全般を推進する株式会社ジャパンマルチメディア放送(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:梅本宏彦)、基幹放送局提供事業者(ハード事業者)となる株式会社VIP(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁平成彦)は、本日3月11日、北海道総合通信局から札幌親局(札幌市西区)の無線局免許の交付を受け、あわせて北日本マルチメディア放送株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:剣持文仁)が、総務省より北海道ブロックにおけるソフト事業者としての業務認定証の交付を受けました。
これを受け、北日本マルチメディア放送は4月1日より、北海道ブロックでのi-dio開業を予定しております。全国の放送エリアは北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄の7ブロック全てで開業となり、送信所は全国16局体制となります。




◆免許の概要
[画像: https://prtimes.jp/i/4829/1650/resize/d4829-1650-178152-0.jpg ]


【参考資料】
■新放送サービスi-dioとは   http://www.i-dio.jp/

新放送サービスi-dio(アイディオ)は、2016年7月より全国で本格放送を順次開始している、デジタル放送サービスです。高音質のデジタル音声と多様な連動データ放送を特徴とした、BtoC向けのデジタルラジオサービスのほか、BtoB用途にIoT機器・デジタルサイネージ等向けのデータ放送を、BtoG(Government)市場には自治体向け防災情報伝達システム「V-ALERT」を提供しています。

i-dioは、株式会社ジャパンマルチメディア放送の子会社である、ハード事業者の株式会社VIP(ヴイアイピー)が放送局のインフラを提供し、北日本マルチメディア放送株式会社が北海道の放送サービスを各コンテンツプロバイダに対して提供します。

<i-dioに関する一般の方からのお問い合わせ>
i-dio総合コールセンター 0570-04-1610(10時~18時) http://www.i-dio.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング