“ウヒョン♥キー”Toheartの『Delicious』が美味しい3つの理由

THE FACT JAPAN / 2014年3月11日 17時43分

SHINeeのキー(左)とINFINITEのウヒョンが結成したユニットグループのToheartが10日、ソウル・江南区(カンナム・グ)三城洞(サムソン・ドン)にあるCOEX Art Hallで、デビュー曲『Delicious』の初ステージを披露した。|スポーツソウルTV映像キャプチャー


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] これぞ“イケイケ”二人の出会いだ。SHINeeの“万能鍵”キー(23、実名:キム・ギボム)とINFINITEの“ファン調教師”ウヒョン(23、ナム・ウヒョン)が、「Toheart」というユニットを結成した。二人は一時的な団結ではないという力強い抱負の中で10日、デビューミニアルバムを発表して公式活動に乗り出した。そして新譜には、アルバムのタイトル曲名『Delicious』のように「美味しい」の曲がいっぱいある。
音源が発表されてから7時間後の10日午後、ソウル・三成洞(サムソン・ドン)にあるCOEX Art Hallでは、Toheartの1stミニアルバムの発売記念ショーケースが開かれた。会場には、SHINeeのミンホとINFINITEのソンギュがMCを務め、同じチームの仲間からToheartに生まれ変わったキーとウヒョンを応援した。心強いメンバーたちのそばでToheartはもっと自信を出せた。そしてファンの前では、ステキなデビューを果たした。

★最強ボーイグループの2チームメンバーがコラボレーションToheartに付く修飾語は、「ハイブリッドコラボレーションデュオ」だ。一見難しいようだが、分かりやすく言えば二人が力を合わせたという意味でもある。二人はどのような理由でToheartを結成することになっただろうか。誕生日が早いため、リーダーを務めることになったウヒョンは、「過去のキーのラジオ番組に出演したことがきっかけで、親しくなりました。SHINeeとINFINITEの所属事務所が初めは異なりましたけれども、今は同じ釜の飯を食う仲となりまして、お互い音楽の話をしてみたところ、気持ちがよく合っていることに気づきました。二人で何かを一緒にすると、きっといいことができるという気がしましたね」とユニット結成の理由を説明した。
これを受けキーは、「初めにはウヒョンと一緒に番組に出たり、写真集を撮る小さなプロジェクトを考えていました。ところが、せっかくやるなら大胆にやってみよう!と思ってデュエットをすることになったんです」述べつつ、「立派な方々がたくさんカムバックされて、時期的に心配もありましたが、親しい友達とやることですので、結果よりは楽しめるステージを作っていきたいと思います」と覚悟をみせた。
Toheartは、INFINITEの所属事務所であるWoollimエンターテインメントが、SHINeeの所属事務所であるSMエンターテイメントのレコードレーベルになったため、誕生した。両社が一つとなり、初めて挑んだ合同プロジェクトなだけに、その期待は大きい。ウヒョンとキーは、「事務所では良いプロジェクトになるはずだと言いました。単発性のユニットではないわけで、正式にチーム名まで作って、良いアルバムになるよう頑張りました。気が合う友達と一緒に音楽できて本当に嬉しいです」と口をそろえた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング