EXOクリス事態…何が問題なのか?

THE FACT JAPAN / 2014年5月16日 18時19分

EXOのメンバー・クリスが、SMエンターテイメントを相手に専属契約解除申請を裁判所に提出した。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] 「頂点から去る」スポーツスターの話ではない。EXOのメンバー・クリス(23)が、所属事務所のSMエンターテイメントを相手に専属契約解除を求めている。彼は本当にEXOから去ろうとするのだろうか。
クリスは前日15日、法定代理人である「法務法人ハンギョル」とソウル中央地方裁判所に、SMを相手にした専属契約効力の不存在確認書状を提出した。ハンギョルの関係者は<スポーツソウルドットコム>との電話インタビューで「クリスの実名の吴亦凡(ウー・イー・ファン)で同日午前、専属契約無効を求める訴状を提出した」と明らかにした。
同日、中国メディアのシーナエンターテイメントは、「吴亦凡(クリス)が所属事務所のSMエンターテイメントを相手に、専属契約無効訴訟を提起した」と報道した。同メディは「1ヶ月前、吴亦凡と関わった契約解除の噂を聞いており、今回それを実行することになった。EXOは2年という短い期間で成功し、ツアー公演は1回もしていない状況だが、このようなニュースを伝えることになって、驚きながらも悲しいばかりだ」と述べた。

◆クリス側の立場クリス側は「SMは原告人を付属品や制御の対象として扱い、公演やイベントの出演に対して一方的に日程を決めた」とし、「その過程で、原告人の意思や健康状態は全く尊重されなかった」と主張した。
中国系カナダ人であるクリスは、2007年にSMの練習生として抜擢され、約5年間を練習生として過ごし、2012年4月、EXOのメンバーとしてデビューした。ユニットEXO-Mのリーダーでもあるクリスだが、それなりの事情があったとみられる。
今回の事態にある歌謡関係者は「外国で暮して来たので、韓国文化はもちろん歌謡界の文化そのものを受け入れられなかったようだ。だいぶ前から苦しんでいたと聞いている」と述べている。
ハードなスケジュールと合宿生活、多忙な生活に比べて、おそらく自分は報われていないと思っていたと見られる。また代理人側は、「金銭的にも困難を経験した」と強調、「収益分配の支払時にSMは、一方的に作成した精算表だけを提示して、具体的な説明や精算データを見せなかった。ハードな仕事量や旺盛な活動に比べて、常に経済的な困難を経験していた」とし、「専属契約は、芸能人志望生だった原告に対してSMが優越的地位を濫用して、不当な支配力を行使したものであり、原告に不当な負担を与えながら職業選択の自由と経済活動の自由など、基本的な人権を過度に制約しているため、無効である」と説明した。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング