JYJ ユチョン、「ドキュメンタリー愛」にナレーション参加!「大切なことを教えてくれた」

THE FACT JAPAN / 2014年5月26日 16時2分

JYJのユチョンがMBCのドキュメンタリー番組「ヒューマン・ドキュメンタリー愛:おてんば結合双生児」のナレーションに参加する。|©MBC




[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] グループJYJのユチョン(27)がMBC「ヒューマンドキュメンタリー愛:おてんば結合双生児」のナレーションに参加した。
「ドキュメンタリー愛」の制作陣は26日、「ユチョンが25日、ナレーションの録音を終えた。彼は映画『海霧』の終盤作業とアジアファンミーティングツアーで忙しいスケジュールを送っているにも関わらず、喜んでナレーションを引き受け、特有の温かい声で録音作業を終えた」と明らかにした。
制作陣によると、ユチョンは父親の目線で書かれたナレーションを読みながら、いつも明るくでポジティブな結合双生児にとても感心したもよう。しかし彼は、トイレに行くにも一緒にしなければならない双子がひと言の文句もせず、自分たちの運命を素直に受け入れる姿を見て胸を痛めたという。
ユチョンは「双子は思っていたよりとても明るくて可愛かったです。彼らは学校や家庭で元気に遊んで喧嘩もする、普通の子供たちと変わらないし、心から愛してくれる家族がいて本当によかったと思います」と述べつつ「私たちが当たり前で何気なく思っていたことが、実はとても大事なことであることを改めて実感しました。視聴者の方々もこのドキュメンタリーをご覧になって、もう一度そういうことを実感できる機会になったら嬉しいです」と感想を伝えた。
ユチョンがナレーションを務める「ドキュメンタリー愛:おてんば結合双生児」は来月2日午後11時15分、韓国のMBCチャンネルより放送される。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング