ソ・ジソブ、短編映画にノーギャラ出演…2年ぶりのスクリーン復帰!!

THE FACT JAPAN / 2014年5月27日 17時20分

俳優ソ・ジソブがサムスン美術館Leeum(リウム)の10周年記念プロジェクトとして制作される短編映画「双鹿紋(サンロクムン)」に出演する。|キム・スルギインターン記者




[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者] 俳優ソ・ジソブ(37)が短編映画「双鹿紋(サンムンロック)」に出演する。
ソ・ジソブの所属事務所である51Kの関係者は27日、<スポーツソウルドットコム>に「ソ・ジソブが短編映画『双鹿紋』のオファーを受けて、ノーギャラで出演することを決定した」と明らかにした。 同関係者は、「同映画には、チョン・ウンチェ、キム・ヒャンギなども出演する」とし、「一般劇場では上映されない予定」と付け加えた。
ソ・ジソブの映画出演は、2012年の「ある会社員」以来、約2年ぶりのこと。彼は昨年、SBSドラマ「主君の太陽」を通じて大きな愛を受け、「2013 SBS演技大賞」で中編ドラマ部門最優秀賞を受賞した。
映画「双鹿紋」は、サムスン美術館Leeum(リウム)の10周年記念プロジェクトとして制作される短編映画で、今週から撮影をスタートする。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング