[REPORT] MBLAQ、しばらくのお別れを告げる

THE FACT JAPAN / 2014年12月1日 18時16分

ボーイズグループMBLAQの単独コンサート「2014 MBLAQ CURTAIN CALL」が、ソウルオリンピック公園内にあるオリンピックホールで29日午後、開かれた。|チェ・ジンソク記者


“苦尽甘来(苦しみ尽きて楽あり)”という四字熟語がある。2009年10月にデビューし、これまで7枚のミニアルバムと1枚のフルアルバムを発表。地道に活動してきたボーイズグループのMBLAQが、最近解散の危機を乗り越え単独コンサートを開催した。その場でMBLAQは「今ではない、より変化した“後”」を約束した。
MBLAQの単独コンサート「2014 MBLAQ CURTAIN CALL」が予告された29日、ソウルオリンピック公園内にあるオリンピックホールの付近には、朝早くから駆けつけたファンらでざわめいていた。久しぶりの公演。ファンらの顔には期待と幸せな表情がいっぱいだった。先月、芸能界を騒がせたメンバー・イジュンとチョンドゥンの脱退説は頭から消して、公演を楽しむために準備を尽くしてきた。

約束の時間。スパイ映画を連想させる映像がスクリーンに映り、ついにコンサートが始まった。5人のメンバーたちはオープニングから一生懸命に歌い、華麗なステージを繰り広げた。デビュー曲である『Oh Yeah』をはじめ『RUN』『Y』まで、強烈なパフォーマンスと情熱的なライブは、場内を一気に熱く盛り上げた。
メンバーらは場内を埋め尽くしてくれたファンの姿に感激の表情を浮かべた。そしてマイクを握って「久しぶりに韓国でコンサートを開くことができて本当にうれしいです!今日は楽しい思い出を作りましょうね!」とあいさつし、「僕たちがデビューして6年になりましたが、今は関節が老化して新人のような姿は見せられない。でも一生懸命がんばります!」と、余裕のあるコメントで笑いを誘った。
MBLAQがみせるステージの最大の魅力は、“男性美とセクシー美”。5人のメンバーたちは『STAY』『Smoky Girl』『Dress Up』で“男のセクシーさ”を全身で表現した。猛烈に汗をかく彼らの舞台にファンの絶えない悲鳴で答えた。
このようなMBLAQだが、11月25日にはデビュー以来初めてのバラードアルバムを発表した。7thミニアルバム「冬」のタイトル曲『春 夏 秋 そして…』を先頭に『言わなければよかった』『鍵』で感性あふれるステージを披露した。メンバーたちの切ないボーカルは客席のすみずみまで響き、『春 夏 秋 そして…』を手がけたメンバーのG.Oは、「季節が繰り返されるように、僕たちの縁も、きっと継続して繰り返していくだろうという想いで書いた曲です」と意味深いコメントをつけた。
今回公演の醍醐味は、“変身するMBLAQ”を鑑賞すること。“パワフルなMBLAQ”から“感性的なMBLAQ”になっていると思いきや、いつの間にか“かわいいMBLAQ”と変身の連続だった。『G.O.O.D Luv』『One Better Day』『I Don't Know』を続けて披露しながら、これまで隠しておいたさわやかな魅力を発散。歌って踊って、時々「ああ、もうやってられんね」と笑いを誘うものの、久々に明るくて元気なMBLAQをみると、ファンらも大きな歓呼の声をあげた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング