ユンソナ、ドラマ撮影後に顔面麻痺の症状!

THE FACT JAPAN / 2015年10月14日 17時14分

新ドラマ「六龍が飛ぶ」に出演中の女優ユンソナが撮影直後、顔面麻痺の症状を訴え、病院で治療を受けたことがわかった。

新ドラマ「六龍が飛ぶ」に出演中の女優ユンソナが撮影直後、顔面麻痺の症状を訴え、病院で治療を受けたことがわかった。
13日、韓国のある芸能専門媒体は「ユン・ソナがSBS月火ドラマ『六龍が飛ぶ』の撮影を終えた後、突然顔面麻痺の症状を訴え、急いで病院に移動し治療を受けた」と報じた。同媒体は、「病院側は1〜2週間の休憩が必要だと診断。来週からのドラマ撮影には無理なく参加するとみられる」と明らかにした。
ドラマ「六龍が飛ぶ」は、朝鮮の土台を作った鉄血の君主 李芳遠を中心に、鄭道伝(チョン・ドジョン:高麗末期から朝鮮最初期の政治家)、ブニ、タンセ、ムヒュルという六人の人物が繰り広げる野望と成功を描く作品。ユンソナは同ドラマの大物商人チョヨン役として出演中だ。
THE FACT|キム・ヘリ記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング