終身雇用崩壊…サラリーマンに必要な「稼ぎ方」と「お金持ちマインド」とは?

LIMO / 2019年11月6日 20時45分

写真

終身雇用崩壊…サラリーマンに必要な「稼ぎ方」と「お金持ちマインド」とは?

2010年代最後の今年、経団連会長やトヨタ自動車社長から終身雇用を守り続けることは難しいという旨の発言があり、多くのサラリーマンに衝撃が走りました。厚生労働省が2019年3月に発表した「モデル就業規則」にも従業員の副業を規制しない旨の文言が載っており、今後は所属する会社に頼るだけではなく、本業以外の仕事(=個人)で稼ぐスキルを身に着けることが重要になってくるといえそうです。

しかし、頭ではわかっていても実際に行動に移すのはハードルが高いもの。副業初心者はどのような仕事を選べば良いのか、どのように仕事を獲得していけば良いのかを紹介します。

初心者でも在宅でできる副業は?

初心者でも始められる副業は意外と多く、以下のようなものがあります。

・クラウドソーシング
・アンケートモニター
・試験答案の採点や添削
・フリマアプリ
・webデザイン
・アフィリエイト
・翻訳
・投資
・Airbnbで旅行者を泊める  など

特にクラウドソーシングサイトには様々な仕事があり、データ入力やアンケートなど、初心者でも始めやすい案件が集まっています。また、翻訳やプログラミング、カメラマン、ライターなどの案件は、実力が評価されて好条件の仕事を得ることができれば、副業でも月に10万円以上稼ぐことも可能と言われます。

個人で稼ぐために大事なのは「仕事を獲得するスキル」

個人で稼ぐためには、自分で仕事を獲得しなくてはいけません。どんなに優れたスキルを持っていても、会社の看板がない以上、自分で考えてアプローチしなければ仕事を得ることはできないからです。では、どうしたら上手く仕事を獲得できるのでしょうか。

1. 自分のスキルを生かせる仕事にアプローチする

いくら高いスキルを持っていても、クライアントが欲しいスキルとマッチしなければ採用されることはありません。そのため、クライアントが求めているものの方向性を見極めて、自分のスキルを発揮できる求人を探すことが大切です。

ただ、自分のスキルを過小評価してしまうのはもったいないことです。クライアントの希望と自分のスキルの方向性が合っているのなら応募するのは自由ですし、もしかしたらクライアントの目に止まる可能性もあります。まずは応募しないことには仕事は獲得できないので、積極的にアプローチしましょう。

2. 自己PRを応募先によって変える

応募するときには自己PRを添えることになりますが、内容は応募先ごとに必ず変えましょう。応募先がどのような人物を求めているのかを意識し、自分がいかにその案件に合うスキルを持っているかを裏付ける経験やエピソードを書くのです。たくさんの応募がある中で自分を選んでもらうためにも、印象に残る内容にすることが大切です。

お金持ちになる人の「マインド」とは

サラリーマンは雇われの身で、どうしても受け身になりがちです。しかし個人で稼ぐためには、自分で考えて自分の裁量で仕事をすることになり、経営者としての思考が必要になってきます。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れてきたらどうやって取引を増やそうか、どうしたら効率的に働けるかなどを考えることが大切です。そんな”経営者脳”を活性化するには、お金持ちの習慣を参考にすることも役立ちます。富裕層の多くは経営者であることが多いので、彼らのマインドを学んでみましょう。

自分よりもさらにお金持ちの人と交流する

お金持ちはお金に興味を持ち、お金をさらに集めるためのアイデアを常に考えています。そのためにも自分よりもさらにお金持ちの人と積極的に接する時間を作って、新しいビジネスや投資のヒントを探します。

普通のサラリーマンにはそのような富裕層との接点はなかなかありませんが、ビジネスセミナーや異業種交流イベント、最近では成功者のサロンなどに参加することで接する機会を作ることができます。このような場所では、積極的に人脈を広げたり、さまざまな人と交流する中で自分に足りないことを考えたりすることが大切です。

自分の行動を頻繁に省みる

富裕層の人たちは、自分の過去に目を背けず、たとえ失敗してしまったことでも「なにが原因か」「どうしたら失敗を回避できたか」という分析を怠りません。そして、自分にとって無駄だと悟ったことはスッパリ止め、有益なことはどんどん取り入れていきます。

反省だけで終わらずに、必ず次に生かそうという貪欲な姿勢を持つと、ビジネスにも資産形成にもより磨きをかけられます。また、自分の「やりたい」という感情だけで決めてしまうのではなく、「やることによりきちんと効果が得られるか」という周囲の状況を見極めることで、成功の確率がアップするでしょう。

おわりに

大企業に所属していれば安泰という時代は終わり、これからの時代は個人で稼ぐ力がないと厳しくなっていきます。とはいえ、いきなり起業したりフリーランスになるのは、成功しなかった時のリスクが高いもの。そのため、まずは副業をして、個人の力で稼ぐことの手応えを確かめてはどうでしょうか。

また、個人で稼ぐことができるようになると、どんどん経営者に近い思考になっていきます。富裕層が多い経営者に近づくべく、お金持ちのマインドを実践して、個人で稼ぐ力をより高めていきましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング