1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

トヨタ4日続落、冴えない値動きの自動車株。日経平均株価は3日続落

LIMO / 2021年2月22日 8時5分

写真

トヨタ4日続落、冴えない値動きの自動車株。日経平均株価は3日続落

【東京株式市場】 2021年2月19日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日続落、一時3万円割れの場面も終値では維持

2021年2月19日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

日経平均株価 30,017円(▲218円、▲0.7%) 3日続落

TOPIX 1,928.9(▲12.9、▲0.7%) 3日続落

東証マザーズ株価指数 1,265.4(▲7.2、▲0.6%) 3日続落

東証1部上場銘柄の概況

値上がり銘柄数:590、値下がり銘柄数:1,521、変わらず:83

値上がり業種数:3、値下がり業種数:30

昨年来高値更新銘柄数:20、昨年来安値更新銘柄数:0

東証1部の出来高は12億2,374万株、売買代金は2兆4,668億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。決算発表もほぼ終わって手掛かり材料に乏しかったため、前日以上に様子見スタンスが強くなりました。

そのような中、日経平均株価は米国株安を背景に利益確定売りが優勢となり、3日続落となりました。ただ、取引時間中に一時3万円を割り込む場面も見られましたが、終値では3万円台を維持しています。

取引時間中の高値は30,169円(▲67円)、安値は29,847円(▲389円)となり、値幅(高値と安値の差)は約322円。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日続落となりました。

東証マザーズ株価指数は3日続落、売買代金は7日連続で2,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億2,928万株、売買代金は2,366億円となり、いずれも前日より減少しました。

前日よりは減ったものの、個人投資家の物色意欲は強く、売買代金は207日連続で1,000億円を上回り、7日連続で2,000億円を上回っています。

一方、新興市場でも利益確定売りが優勢となった結果、株価指数は3日続落となりました。終値でも1,300ポイント回復はやや遠のきつつあります。

ファーストリテイリング10連騰ならず、ネット証券株ではマネックスGが連日の暴落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

東京エレクトロン(8035)

アドバンテスト(6857)

KDDI(9433)

ハイテク株の一角が買い戻され、東京エレクトロンやアドバンテストなど半導体製造装置株に加え、村田製作所(6981)、太陽誘電(6976)、ローム(6963)など電子部品株も上昇しました。

さらに、日立製作所(6501)、NEC(6701)、富士通(6702)などにも買い戻しが見られたものの、上昇は小幅に止まっています。

その他では、この日も商社株が物色され、三井物産(8031)と伊藤忠商事(8001)が上昇しましたが、3日ぶりに昨年来高値を更新することもなく、上昇は限定的に止まりました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

ファーストリテイリング(9983)

ファナック(6954)

中外製薬(4519)

直近の株価指数上昇を大きく牽引してきたファーストリテイリングは、取引時間中に上場来高値を更新しましたが、その直後から売りに押されて終値は10日ぶりに下落しています。

また、前日に発表された工作機械受注額において、中国向けが大幅減少に陥ったことを懸念されてオークマ(6103)やTHK(6481)など工作機械関連株が大幅安となり、ファナックも▲4%超安の大幅下落となりました。

ハイテク株では株価上昇が続いてきたシャープ(6753)が利益確定売りに押されて一時▲8%安へ急落しています。さらに、自動車株も総じて冴えない値動きが続き、トヨタ自動車(7203)は小幅安ながら4日続落で引けています。

その他では、こちらも株価上昇が続いていたネット証券株が大幅安となり、17日(水)まで12連騰を続けたマネックスグループ(8698)が一時▲13%安に迫る連日の暴落となり、GMOフィナンシャルホールディングス(7177)も一時▲10%超安の暴落、SBIホールディングス(8473)も3日続落となったことが目を引きました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング