【心理テスト】お金をかけたいキッチン道具でわかる、自分磨きで力を入れたいこと

占いTVニュース / 2019年5月24日 17時0分

写真

 食事を作るときに欠かせないキッチン道具。毎日使うものだから、気分が上がるものを選びたいですよね。もしお金をかけるなら、あなたはどの道具を選びますか? キッチン道具を使った心理テストを紹介します。

【質問】
 自分が使うキッチン道具。お金をかけるならどれを選びますか?

A:鍋やフライパン
B:食器
C:おたまやフライ返しなどのツール
D:包丁やピーラー

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみていきましょう。

【診断できること】
「今、自分を磨くべきところ」
 いい道具を使えば、腕が磨かれて、さらに料理がおいしくなるといわれています。あなたが選んだ料理道具から、どこを磨けばステキな自分になれるのかがわかります。

■A:鍋やフライパン……自分本来の魅力や強みを磨く
 調理に欠かせない鍋やフライパン。熱を加えることで具材の味を引き出し、さらにおいしくさせてくれます。鍋やフライパンを選んだあなたは、自分の本来の魅力や強みを磨くべきです。つらい恋愛や仕事のストレスで、もともと持っているよさがかすんでしまっているようです。どんな場面でも輝けるように、魅力や強みを再確認し、もっと伸ばしてあげましょう。

■B:食器……外見を磨く
 料理を盛りつけ、食卓を彩る食器。食器1つで料理の印象が変わり、いいものを使うほどよりおいしく見えます。食器を選んだあなたは、外見を磨くべきです。「人は中身が大事」と思っているかもしれませんが、人の印象は見た目で決まります。中身を見てもらうためにも、外見磨きは必須。自分の似合う服や髪型、メイクなどを研究してみましょう。

■C:おたまやフライ返しなどのツール……対話のスキルを磨く
 具材を炒めたりすくったりと、料理で重要な役割を担うおたまなどのキッチンツール。作り手の扱い方によって、料理の味が左右されます。ツールを選んだあなたは、対話のスキルを磨くべきです。外見や内面を磨いても、言葉の使い方や身の振る舞い方がよくないと、どんな場所でも輝けません。いい人間関係を築くためにも、対話スキルを高めていきましょう。

■D:包丁やピーラー……鋭い直感、決断力を磨く
 具材を切ったり、そぎ落としたりするのに使われる包丁。調理では最初に使われるキッチン道具です。包丁を選んだあなたが今磨くべきものは、鋭い直感や決断力。方向性を決める時期や異性に返事をするタイミングなど、人生の意思決定には直感や決断力が大きく関わっています。チャンスを掴み、ステキな人生を歩くために、自分の感覚を磨いてみましょう。

 今よりももっと自分を好きになれるように、自分を磨き上げていきましょう。輝く自分を目指せば、恋愛も仕事もうまくいくでしょう。
(咲羅紅)

>>NEXT:【心理テスト】芳香剤を置く場所でわかる、あなたの気分転換方法

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング