星座グループ別【落ち込んでいるときの励まし方】蟹座・蠍座・魚座には「味方だよ」と寄り添って!

占いTVニュース / 2021年2月24日 12時0分

写真

 落ち込んでいる人に励ましの言葉をかけるのはためらわれるもの。下手なことをいって余計落ち込ませたり、場合によっては怒らせたりする可能性があるからです。どんな風に励ましたらいいのでしょうか? 励ましたい相手の星座をチェックしてください。

■相手が火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……「あなたなら大丈夫」と信頼をみせる
 落ち込んでいるときの火の星座は、自分の弱さを恥じているようなところがあります。そのため、下手に同情したりすると、「なんて自分はダメなんだ……」と余計に落ち込ませてしまうことにも。励ましたいなら「あなただったら乗り越えられる」と、相手のポテンシャルをリスペクトまじりに強調してあげましょう。いい意味で単純な人なので、確かにそうかも、と元気を取り戻してくれるはずです。

■相手が地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……「頑張っているよね」とねぎらう
 地の星座が落ち込んでいるときは、「努力を正当に評価してもらえない」ことに対する悲しみや怒りの感情が根底にあることが多いもの。そこを無視して、「元気出して」だの「きっと大丈夫」的なことをいっても相手の心には届きません。「いつも頑張っているよね」「あなたの努力はいつか大きく報われるはず」と相手の地道な姿勢を称え、ねぎらうのが正しい励ましになるでしょう。

■相手が風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……普段と同じ態度で接する
 感情的なことが苦手な風の星座。同情はノーサンキューというタイプです。心に寄り添う系の気づかいは、ありがた迷惑になりやすいことを頭に入れておきましょう。励ましたいなら、いつもと同じ調子で軽く声をかけてあげればそれでOK。風の星座にとってはちょっとした雑談が救いになることが多いのです。話の流れで相談を持ちかけられたら、相手の言葉を遮らず、ちゃんと聞いてあげて。

■相手が水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……「味方だよ」と寄り添う
 落ち込んだときは、ちゃんと気づいてケアしてほしいのが水の星座。そっとしておこうと遠巻きにしたりすると、恨まれることになりかねないのでご用心! 「どうしたの?」「元気出してね」といった気づかいの言葉をどんどんかけてあげましょう。「おいしいごはんでも食べに行こうよ」と誘ったり、「いつだって味方だからね」と寄り添ってあげたりすれば、最高の励ましになるでしょう。

 立ち直るために励ましが必要なときもあります。相手の性格に合わせて、上手に励ましてあげてください。
(夏川リエ)

>>NEXT:星座グループ別【克服したいウイークポイント】牡牛座・乙女座・山羊座は融通の利かないところ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング