週刊地震情報 2019.06.30 伊豆半島東方沖で震度4

ウェザーニュース / 2019年6月30日 11時20分

ウェザーニュース

日本域の最近一週間の地震回数は、山形県沖の地震の影響があった前週よりは少ないものの、やや多い水準です。

震度3以上の地震は3回発生しています。(6月24~29日の集計)

国内:伊豆半島東方沖で震度4

国内で震度1以上を観測した地震の回数

24日(月)19時22分頃、伊豆半島東方沖を震源とするM4.1の地震が発生しました。この地震で静岡県熱海市で震度4、神奈川県真鶴町、湯河原町で震度3を観測しています。

伊豆半島東方沖では、たびたび群発地震が発生しています。最近では、2006年や2009年に群発地震に見舞われ、2006年は震度5弱の地震を観測しました。また、1989年には活発な地震活動のあと、沖合で海底噴火を起こしています。

今回はM4.1の地震以降、すぐに地震活動は低下し、群発地震につながるような兆候は見られません。ただ、この領域は10km未満の浅い所で地震が発生しますので、それほど規模の大きくない地震でも、震源付近での強い揺れには注意が必要です。

山形・新潟県沖の地震 震度1以上の回数

世界:インドネシア・バンダ海でM7.3の深発地震

世界のM4.5以上の地震(USGSホームページ引用 ウェザーニュース加筆・作成)

アメリカ地質調査所の解析によると、マグニチュード6以上は7回発生しています。

最も大きなものは24日(月)にインドネシア・バンダ海を震源とするM7.3の地震です。この地震は震源が208kmと非常に深かったことや、震央が島から比較的離れていたため、揺れの影響はなく、津波の発生もありませんでした。

バンダ海付近は、太平洋プレート・フィリピン海プレート・ユーラシアプレート・オーストラリアプレートが相互に関係し、今回の震源はユーラシアプレートとオーストラリアプレートの境界に近い領域で発生したと見られます。

参考資料など

※日本国内の震源・震度の情報は特に記載が無ければ気象庁より。海外の震源情報は特に記載が無ければアメリカ地質調査所(USGS)より。発表機関により震源情報に差が生じることがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング