関東でうろこ雲や波状雲が出現 天気下り坂のサイン

ウェザーニュース / 2021年1月22日 16時40分

ウェザーニュース

今日22日(金)の関東は午前中のうちは青空が広がっていましたが、午後になって雲が増えてきました。

うろこ雲やナミナミの波状雲など空が賑やかになっています。

うろこ雲が出現

うろこ雲は、いわし雲などの呼ばれ方もしますが、気象学的には巻積雲(けんせきうん)の一種に分類されます。

上空の高いところに見られる雲で、天気が崩れる前兆として現れることがあります。

ナミナミの波状雲

ナミナミに見える雲は波状雲と呼ばれ、主に大気の波によって空気が動かされ、雲が発生しやすい湿度や気温の部分にだけ雲ができます。

そのため、ナミナミとした形の雲になり、波状雲という名の由来になっています。

天気下り坂のサイン

うろこ雲や波状雲の発生は、前線の接近によって上空の空気の湿度が上昇していることを示しています。

関東は明日23日(土)にかけてゆっくり天気が下り坂で、午後は雨が降り出す見込みです。寒さも戻りますので、体調管理には十分注意してください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング