1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

小売流通企業のDX推進へ、サイバーエージェントとNTT Comが業務提携

週刊BCN+ / 2021年8月27日 15時0分

写真

記事の画像

 サイバーエージェントとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、小売流通企業のDX推進に向けて業務提携した。両社の強みを生かし、小売流通企業のマーケティング改革や新たなビジネスモデル創出の支援を目的とした「次世代スマート広告プラットフォーム」などのソリューション提供を目指す。

 サイバーエージェントは、テックカンパニーとしてAI研究・UI/UXデザインを追求し、「デジタルオペレーション力」「広告商品の開発力」を強みに企業のDX推進を支援している。「AI Lab」では、小売業の価格最適化や需要予測など「経済学×AI」の実ビジネスへの応用に積極的に取り組むとともに自社が提供するBtoC向けサービスでのUI/UXデザインやDSP開発実績などの知見を生かし、購買体験のデザイン設計から実装、運用、分析まで一気通貫したサービスを提供している。

 NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X」に基づき、生活者・ビジネス・社会を、安心・安全、柔軟に「新たな価値でつなぎなおす」ICTサービス・ソリューションを提供している。通信事業者ならではの高品質なインフラと技術を生かしたデータ利活用基盤上で、企業や店舗などに点在するデータを安心安全に、シームレスにつなぎなおすことで、企業成長のエンジンを生み出している。

 こうした背景のもと、両社は小売流通企業のDX推進に向けて業務提携し、各企業のマーケティング改革や広告事業参入による収益化支援に取り組んでいく。次世代スマート広告プラットフォームを導入することで小売流通企業は、自社でゼロからデータ活用基盤を構築することなく広告事業に参入し、新しい収益源を確保することができる。広告事業の開始にあたり必要となるノウハウやリソース不足を、同プラットフォームの導入で解消する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング