「父と娘の2人旅」がオススメなワケ。一生の宝物になる道中の行方【そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」 第24話】

Woman.excite / 2020年3月7日 10時0分

写真

父と子の卒園旅行

こんにちは、そんたんママです。3月は卒園シーズンですね。
我が子の卒園は来年なので、今回は私が子どもの頃の卒園の話をひとつ。

■わが家の恒例イベント「お父さんと2人の卒園旅行」
私は3人姉妹の末っ子。そんな実家では、私たちが幼稚園を卒園するときに必ずおこなっていたイベントがありました。
それは、 「お父さんと2人で卒園旅行に行くこと」

父は朝早くから夜遅くまで働くサラリーマンだったので、基本的に母と過ごす時間の方が多く、父娘2人きりでお泊まりするなんてはじめてでした。

子ども(私)は、「お母さんと離れて寂しいのを乗りこえる!」、父は、「不慣れな育児をがんばる!」と言うスローガンのもと、いざ旅行へ出発!

■父娘の旅行中ミッション



旅行には何かしらミッションがありました。
私の時は「いろいろな種類の乗り物に乗る」がそれで、行き先は県内の観光地でしたが、新幹線、バス、電車、ロープウェイ、船と、2日間でたくさんの乗り物に乗りました。

達成感みたいなものはまだわかりませんでしたが、はじめて乗るものがあって嬉しかったのを記憶しています。

〇〇をみる、〇〇を食べる、など何でも良いので、ミッションがあると親子団結できるかも?

■お留守番しているお母さんにお土産

ミッション2:お母さんにお土産を買う


家で留守番している母にお土産を買いました。
キーホルダーだったら使いやすいんじゃないかとか、小さめの方がいいだろうとか、父と相談しながら買いました。
たぶん、母はまだ持ってくれているんじゃないかな。





■父と交わした「やくそく」

父と交わした約束


泊まったのはホテルのツインルームでしたが、その頃まだ家では親子川の字で寝ていたので、夜はじめて1人で寝るシングルベッドに寂しくなって泣いてしまいました。

そんな夜、父と手紙交換をしました。
手紙というほどのものではありませんが、ホテルにあったポストカードにお互いに向け「やくそくメッセージ」を贈るというもの。

これも後になって見返すと、そんなことを言ってたんだと思うことを書いていたりして面白かったです。

■アルバムには父の言葉が

父の残してくれたアルバム


父は“ものつくり”が好きで、その時の手紙や写真やチケットにコメントをそえて、アルバムにまとめてくれていました。
最近では、久しぶりにそのアルバムを見る機会がありました。

旅行のことは、雨が降っていて甲板ですべって転んで気持ち悪かったとか、寒い中食べた月見うどんが美味しかったとか今でも記憶に残っていますが、写真やコメントを改めて見ると新たな発見があったりして。

「そんたんはスープがおいしかったみたい……」

なんていうコメントも、この頃の自分は好き嫌いが多く小食で、せっかくの食事もコーンスープくらいしか食べず父を手こずらせたんだなぁ…と、親になった今ではリアルに感じます。

■親子の思い出づくりに

その後も家族であちこち旅行に行きましたが、父と2人きりで旅行に行ったのはこの時だけで、特別記憶に残るものになりました。
父はすでに他界しているので、余計にかも。

パパに限定しなくても良いと思うのですが、普段交流の少ない方の親と2人で行くのがポイントのような気がします。

春休み、家族旅行も良いですが、親子2人の卒園旅行なんていうのもいかがでしょう。
(やまだ そのこ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング