【囲み会見レポ】「Block B」 ライブ前の熱い意気込み語る 「メンバーそれぞれに注目して」

Wow!Korea / 2014年2月2日 9時58分

「Block B」(左から)U-KWON、 B-BOMB、 P.O、 ZICO、 PARKKYUNG、 JAEHYO、 TAEIL

世界をエンターテイメントで結ぶ懸け橋「LIVE ARCH」。今年2回目のライブとなる「LIVE ARCH vol.8」は、2011年に韓国でデビューし、ゴリラダンスなど自由奔放なパフォーマンスが話題を呼び、日本でも絶大な人気を誇っている韓国の7人組アイドル「Block B」をゲストに迎えて、1月29日(水)に東京・Zepp Tokyoにて開催した。

ライブ前には、7人7色の鮮やかな色合いのスーツと蝶ネクタイ姿で元気に登場し、いつものあいさつでキメて、囲み取材をスタート。

「LIVE ARCH」が始まる前の今の気持ちは?

ZICO:僕たちは空白期間があったにもかかわらず日本のファンの皆さんがずっと関心を持ち続けてくださり、とてもうれしく思いますし、日本でライブをする度にいろんなことを感じています。そしていいインスピレーションのようなものをいただいているので、日本に到着する時やライブ前は、僕たちも期待にあふれています。

TAEIL:久しぶりなのですが、緊張するというよりは楽しもうと努力をしているところです。たくさんのファンに会えるように頑張りますので、これからも見守ってください。

JAEHYO:東京に来てとてもうれしいです。まずはホテルから見える夜景がとてもキレイなんです(ニッコリ)。東京の全てを見渡すことができて、とてもいいなと思っています。非常に短いですが覚えた日本語を披露します!「今日は天気が寒いです」(照れ笑い)

PARKKYUNG:日本のBBC(=Block Bのファン)に会えるのが、何よりもうれしいです。BBCは僕の人生です。喜びでもあり、幸せでもあります!

P.O:日本でこのようないい機会をいただけて、とてもうれしいです。ファンの皆さんのリアクションがとてもいいので、僕たちはいつも日本に来るのが楽しみです。日本でのライブはとてもうれしいのですが…さっきご飯を食べ過ぎてしまって苦しいです(笑)

B-BOMB:今日は天気もいいですし、コンディションもとてもいいです(ニッコリ)2回もステージに立つことができるので頑張ります。

U-KWON:このようにステージに立てるというだけでも、とてもうれしいです。そして日本のファンの皆さんとコミュニケーションを取りながら、歌を通じて1つになれるということがとてもうれしいです。でもそれは僕たちが素晴らしいステージをお見せしてこそなので、今とてもドキドキしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング