「全州国際映画祭」国際コンペティション大賞に「恐怖の歴史」

Wow!Korea / 2014年5月8日 10時46分

全州国際映画祭

「第15回全州国際映画祭」国際コンペティション部門大賞にペンハミン・ナイスタート監督の「恐怖の歴史」が7日、選定された。

「恐怖の歴史」は、ブエノスアイレスの郊外の街で起こった不可解な事件のエピソードを描いた作品。独創的で実験的な試みを通して、人間が感じる恐怖の根源を見せてくれた、との評価を受けた。

また、国際コンペティション部門作品賞はロイス・パティーニョ監督の「死の海岸」が選ばれた。

韓国コンペティション部門では、チャン・ウジン監督の「新しい出発」が大賞に輝き、パク・サユ&パク・ドンサ監督の「60万回のトライ」がCGVムービーコラージュ配給支援賞を、ユ・ヨンソン監督の「魔女」がCGVムービーコラージュ創作支援賞をそれぞれ受賞した。

なお、国際コンペティション大賞作には1万9000ドル、韓国コンペティション大賞作には1000万ウォンの賞金が贈られた。

受賞作は8日から閉幕日の10日まで集中的に上映される。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング