「KARA」ギュリ、タイトな衣装で登場 「体作りに集中した」

Wow!Korea / 2014年8月18日 17時47分

「KARA」ギュリ

ガールズグループ「KARA」のギュリが、タイトな衣装を着用するため「体作りに集中した」と語った。

「KARA」は18日午後、ソウル市内にあるSBSプリズムタワーでミニアルバム「DAY & NIGHT」発売記念ショーケースを開催し、カムバックの心境を明かした。

この日、ハラは新曲の振り付けであるワッキングダンスについて「どのようにすれば、この難易度の高い振り付けを消化できるか、と心血を注いだ」とし、「練習中、腰が痛くなりマッサージもたくさん受けた。そうやって、少しずつワッキングダンスの雰囲気が出てきたと思う。もっと頑張って、振り付けのすばらしさを見せたい」と覚悟を伝えた。

また、メンバーらは休息期間にも健康管理のため、運動に集中していたという。ギュリは「ことし初め、スケジュールでプラジルを訪れた後から運動に専念していた。衣装がタイトなため、体作りに集中し、歌とダンスの練習にも力を入れた」と語った。

今回のアルバムは、昨年発表した4thアルバム「Full Bloom」以降、およそ1年ぶりに披露するアルバム。ニコルとジヨンが脱退し、新メンバーのヨンジが合流して4人組となり再スタートをきる「KARA」の新たな魅力が詰まった作品だ。

タイトル曲「マンマミーア!」は、歌謡界のヒットメーカー「異端サイドキック」の作品で、強力なビートの軽快なダンスナンバー。華麗な手の動きと複雑な動線のワッキングダンスを加味したパワフルなパフォーマンスで、「KARA」の新たな姿を披露する予定だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング