【イベントレポ】チェ・ダニエルが入隊前最後の日本ファンミーティングで感動の涙!

Wow!Korea / 2014年9月8日 13時35分

俳優チェ・ダニエル

韓国ドラマ「明日に向かってハイキック」や「童顔美女」などの大人気ドラマに出演し、その優しい微笑みと高い演技力で韓国国内はもちろんのこと、日本や中国でも人気を高めるチェ・ダニエル。そんな彼が、8月30日に入隊前最後の日本ファンミーティングを東京・ラフォーレミュージアム六本木にて開催した。

「チェ・ダニエル ファンミーティング2014~また逢える日まで~」と題された今回のファンミーティングはダニエル本人も積極的にイベントの内容を考えたとのこと。会場には、しばしの別れを前にダニエルとの再会を待ち望むファンが集合した。

軽快な音楽に合わせて登場し「元気ですか?」とファンへ手を振るダニエル。スタイルの良さが目立つブラックのスーツに身を包み、「こんにちは!チェ・ダニエルです。お会いできてうれしいです。」とあいさつをした。続けて、今回のファンミーティングを迎えた心境を聞かれると「昨年に続いて3回目のファンミーティングですが、ドキドキして緊張しています。その間いろいろなことがありましたが、また皆さんにお会いすることができてとてもうれしいです。」と喜びを語った。

ここで1つ目の企画、フォトタイムへと移った。カメラを構えるファンに向かい、可愛らしいポーズを披露。気分が乗ってきた頃には、投げキッスも。ステージいっぱいに移動し、ファンのレンズに笑顔で応えた。

トークタイムは2014年春、韓国にて大ヒットを巻き起こしたドラマ「ビックマン」の話から始まった。日本初放送を11月に控える「ビックマン」。すでに視聴したファンからは「モシッソヨー!(かっこいい)」と歓声が飛び、ダニエルも満足げな様子。続けて「実はオファーをもらった頃、演技がマンネリになってしまい興味を失いかけていた時期でした。でも偶然この作品と巡り合うことができて演技の興味や楽しさを感じることができました。今回は悪役を演じましたが、次は楽しい役でみなさんにお目にかかりたいと思います。」と真剣な顔で語った。悪役は初めて?の問いには「映画では演じたことがありますが、ドラマでは初めてです。しかし本当に初めてだったのは財閥の役です。(笑)」と話し笑いを誘った。共演したカン・ジファンについて聞かれると「カン・ジファンさんとは初めて共演させていただきましたが、多様な面をもった俳優さんです。先輩でもあるので色々なノウハウを学ぶことができ、楽しくお仕事することができました。」と話した。ドラマの中で注目してもらいたい点を問われると「とにかく私を見ていただければ!(笑)」と話し、ファンは大爆笑しながらも拍手を送った。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング