1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【公式】大河時代劇「太宗イ・バンウォン」、動物虐待論議浮上…KBS側は「確認中」

Wow!Korea / 2022年1月19日 19時24分

【公式】大河時代劇「太宗イ・バンウォン」、動物虐待論議浮上…KBS側は「確認中」(画像提供:wowkorea)

KBSの大河時代劇「太宗イ・バンウォン」が動物虐待疑惑に包まれた。

19日、KBS側の関係者は情報サイト・ヘラルドPOPに「太宗イ・バンウォン」の動物虐待の論議と関連し、「確認中だ」という立場を伝えた。

これに先立ち同日、社団法人「動物自由連帯」は声明書を発表し、KBS1ドラマ「太宗イ・バンウォン」の撮影に使用された馬が虐待を受けたと主張した。

今月1日に韓国で放送された「太宗イ・バンウォン」では、イ・ソンゲ(キム・ヨンチョル)が馬に乗っている途中で落馬する場面が描かれた。この場面で馬の胴体が90度傾き、頭から地面に倒れたがこの部分が動物虐待だということだ。

動物自由連帯側は「当該放送に出演した馬が深刻な危害を受けた可能性があるという点に大きな懸念を表する。馬の現状の公開とともに、当該シーンが盛り込まれた原本を公開せよ」と追及した。

さらに「公営放送のKBSで番組の撮影のために動物を“小道具”扱いするのは時代に逆行する恥ずかしい行動。番組の撮影時の動物の安全を保障できる実質的な規定を設け、動物が登場する番組を撮影する時は、必ず動物の安全のための措置を講じなければならない」と強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください