特集2017年8月26日更新

「24時間テレビ」マラソンランナーを発表!

夏休み終わりの恒例番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」が今年も8月26日から27日にかけて放送されます。その目玉企画のひとつ、24時間チャリティーマラソンのランナーが「当日発表」となったことで例年以上に盛り上がりました。

目次

最新ニュース

ブルゾンちえみ、パクリ騒動でのどん底から好感度タレント入りの軌跡

デイリーニュースオンライン / 2017年9月19日 12時5分

 ちょいぽちゃ体型に似合わぬ“いい女”キャラを演じてブレイクを果たし、『24時間テレビ』(日本テレビ系)ではチャリティマラソンに挑むなど話題の女芸人・ブルゾンちえみ(27)。一躍、時の人となったブルゾンの素顔を、相方のwith Bが発売中の『週刊文春』(文藝春秋)で明らかにした。 [全文を読む]

ランナーはブルゾンちえみに決定!

恒例のチャリティーマラソンランナーはスペシャルサポーターのお笑い芸人・ブルゾンちえみ(27)が務めると発表された。

今年はランナーが「当日発表」となったため、放送日までさまざまな予測が飛び交うことになりました。

24時間テレビランナー、今年は「当日発表」に

「ランナーは誰?」で過去最高レベルの盛り上がり

日本テレビ系列の夏の恒例チャリティ番組『24時間テレビ愛は地球を救う』(8月26日~27日放送予定、以下『24時間』)。40回の節目となる今回は、放送前に過去最高とも言える盛り上がりを見せている。その理由は、“マラソンランナーが誰になるのか?”明かされていないためだ。

24時間テレビのチャリティーマラソンは注目度が高く、さらに近年ではランナーの選考とその発表の仕方にも工夫が加えられていて、年々視聴者の関心が増してきています。
そして今年は「ランナーが誰になるのか?」がまだ明かされておらず、空前の盛り上がりを見せているというわけです。

7月30日に「当日発表」が明かされる

今年のチャリティーマラソンランナーの発表は放送当日になることが、7月30日に放送された「行列のできる法律相談所」で公表されました。

羽鳥慎一アナウンサーの口から伝えられたのは「今年の24時間テレビマラソンランナーですが、なんと、24時間テレビの当日に発表します。当日までその本人は、知らされません」と、さらに衝撃のアナウンスを行った。

「当日発表」になった理由とは

当日発表の理由も「行列~」内で明かされ、「当日発表のほうが面白いから」「当日発表となった(しっかりとした)理由を当日発表するから」と説明されています。
ただ、この“公式見解”には触れられていない部分で、さまざまな憶測や噂話が浮上しています。以下はその一部です。

本当ならばこんな形式を取りたくなかった。結局は 決め切れなかったから、こうなってしまった。番組サイドは亀梨和也などジャニーズのタレントが第一希望だったが、どうしてもジャニーズが首を縦に振らずに、ずるずる来てしまった。
ある芸能関係者は、裏番組の存在を指摘する。
「候補が二転三転したこともあるが、テレビ東京が、26日に『ゴッドタン』の特番を放送することも大きい。人気企画をぶつけてくるため、下馬評でかなり注目されている。このため、ランナー発表というイベントを放送当日に持ってきたようです」

これまでのチャリティーマラソンランナー

過去10年のメンバー

24時間テレビのチャリティーマラソンは今年で26回目。過去10年間のランナーを振り返ると次のようになります。

2007年(第30回) 萩本欽一
2008年(第31回) エド・はるみ
2009年(第32回) イモトアヤコ
2010年(第33回) はるな愛
2011年(第34回) 徳光和夫
2012年(第35回) 佐々木健介&北斗晶ファミリー
2013年(第36回) 大島美幸(森三中)
2014年(第37回) 城島茂(TOKIO)
2015年(第38回) DAIGO
2016年(第39回) 林家たい平

老若男女を問わず選出

これまで挑戦してきたランナーは全部で20人と3組。男性、女性、さらにニューハーフまで性別を問わず、また年齢も徳光和夫の70歳から佐々木健介の息子・誠之介くんの9歳までと、非常に幅広い人材がランナーとして選ばれています(年齢は当時)。つまり、24時間走れる健康な芸能人なら誰でも選ばれる可能性があると言えそうです。
ただ、今回は当日まで発表されない代わりにヒントが明かされています。

ヒントは「当日、武道館にいる人」「走る理由がある人」

「当日発表」を公表した番組内で明かされたランナーのヒントは…

「ヒントは当日、(会場の日本)武道館に来ている人」
と明かし、
(中略)
さらに、
「その理由も当日に発表します」
ともつけ加えた。字幕で「走る理由がある」人だとの補足説明もあった。

このヒントをもとに、各メディアが「ランナー候補」の洗い出しや予想を行ったり、噂話を伝えたりしていて、Infoseekニュースにも多くの記事が配信されてきています。
次のブロックでは、そういった記事の中から「有力」と伝えられている人物をピックアップして紹介していきます。

有力候補にあがっているのは…

今年は駅伝のような「リレー方式」か

有力候補を紹介する前に、今年のチャリティーマラソンは「リレー方式」になるのではないか、という説がささやかれている点に触れておく必要があります。「リレー方式」説浮上の理由は以下のように複数存在し、信憑性が高そうな噂と言えそうです。

理由その1:「練習を始めている」と明かすタレントが多い

この1週間ほどで「練習を始めている」と周囲に明かすタレントが続出。その数の多さから、今年は駅伝のようなリレー方式が本命と予想する。

理由その2:突然の「走れ」にもある程度対応可能

当日いきなり『走れ』と言われても、フルマラソンのトレーニングをしていなければ生命の危機に陥る可能性もある。裏を返せば、複数人がリレー方式で走るのではないか。
ある事務所関係者は「過酷な距離を突然走れと言われても、タレントを守る側として承服しかねるが、短い距離なら可能性はある」と話す。

理由その3:「次は誰が走る?」でテレビ的にオイシイ

リレー形式にすれば皆の練習が無駄にならず、本番当日も次は誰が走るのかと視聴者の注目を集め続けられる。さらにいえば、普段から体を動かしていたり、素地がある人だったら特別な練習をしていなくても数キロ程度なら走れるはず。とすると、予定外の飛び入り参加もあり得る。テレビ的にいえば、実にオイシイ展開なのです

一方で、リレー方式では「感動が薄れる」と指摘する声や、同じ複数人で走るにしても「複数人同時スタート」でやるのではという説も浮上するなど、リレーになるのか、そもそも複数人で走るのかどうかも当日の発表まで気になるところです。

この「リレー方式」での実施の可能性、つまり複数人が選ばれる可能性も踏まえた上で、現時点で「有力候補」とされている人たちを見ていきましょう。

水卜麻美アナ

「ヒルナンデス!」卒業発表で走る理由アリの最有力候補

多くのメディアで“本命”とされているのが、日テレの人気アナで4年連続の総合司会を務める水卜麻美アナです。先日、6年半の長きに渡ってアシスタントを務め、同アナの知名度と人気を押し上げた「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業することを発表したばかりで「走る理由」は十分。さらに、局アナとして“業務命令”には逆らえないなど、本命とされる理由が豊富です。

「相当な距離を走ることになるので、本人や事務所にまったく知らされていないというのは考えにくい」とも話す。
となると、可能性が高まるのは局内の人間。前述の関係者は「まず打診がしやすい。さらに外部だと情報が漏れる可能性を否定できないが、局内だと情報統制がしやすい」と利点を挙げる。
にわかに浮上するのは水卜麻美アナウンサー(30)だ。

「自分で実況しながら帰ってきたい」本人もやる気十分

水卜アナは「(選ばれれば)日本テレビの社員として走るのは、もちろんですけど、初めてということになるので。もう長い歴史をつくってきた24時間テレビが、どういう気持ちで放送しているかということを、あらためて全国に伝えながら走ることになるんじゃないかと思います。やる気だけは結構あるので。這ってでも武道館に帰ってくる自信はあります。もし自分が走れたら、自分で実況しながら帰ってきたい。今、武道館に戻ってきました~と言いたい」と笑顔で意欲的に語った。

「走るのは不可能」「可能性は低い」の声も…

大本命の水卜アナですが、トレードマークでもある“ぽっちゃり体型”に変化がないことを理由に不安視する声や、日テレ一押しの人気アナだけに「走る可能性は低い」と指摘する声も。

「ランナーに決まったら、本番にかけて練習を積みますから、引き締まっていく。昨年の林家たい平も見違えるように絞れていました。水卜アナは最近も局内のカフェで見ましたが、まったく痩せていない。走るのは不可能」
「ランナーになれば、おっぱいを揺らしながら走る姿や、ワキ汗などを、週刊誌などが卑猥に扱う可能性がある。今後、局を挙げてバックアップしようとしている彼女に、そんな下品なイメージがつくような仕事をさせるはずがありませんよ」

渡部建(アンジャッシュ)

早くから有力候補として名前が浮上

「4月に佐々木希と結婚」という抜群の話題性や、その結婚発表を日テレの番組内でやったことなどを理由に、早くから有力候補といわれてきたアンジャッシュの渡部建。「最近、日焼けしてきている」というのも有力候補とされた理由のひとつでした。ただ、日焼けについて本人は次のように話しています。

「この時期は高校野球を見るので、どんどん日焼けしていって、みんなに『お前、(マラソンの)練習しているだろう』と言われる。ただ、発表があった通り、本当に僕も知らないのです。僕かもしれないというだけで…」と戸惑いを隠せない様子で、「“走る理由のある人”としか聞いていないので」と言及した。

東スポにすっぱ抜かれて発表見送り?

当初「今年のランナーは渡部」で発表の予定が、5月に東京スポーツで報道されて発表を見送ったという話も。

「毎年、『24時間テレビ』のランナーは5月頃に発表されるのが恒例となっています。今年も例年のごとく5月の発表に向けてランナーは内定していたのですが、発表直前に東京スポーツに抜かれてしまった。それが、アンジャッシュの渡部です。日テレとしては『日刊スポーツやスポーツニッポンならまだしも、東スポに抜かれてそのまま発表するのはあり得ない』ということで、急遽発表を見送ったようです」

当日には生放送「王様のブランチ」の司会が…

所属事務所が同じで“渡部イジリ”をよくやる後輩芸人、おぎやはぎの二人は「渡部さんが走ったところで(注目されない)」などとイジりながら、次のように渡部ランナー説を否定しています。

矢作は候補に挙がっている渡部について、『24時間テレビ』の放送開始は土曜日の夕方で、渡部は土曜日の昼間に放送される『王様のブランチ』(TBS系)のMCを務めているため、「だって、『王様のブランチ』なんか、早いじゃん。早起きして(ランナーも)やるってこと?」と、時間的に無理ではないかと推測。

22日の生番組でも「本当に知らない!」

「当日発表」が伝えられた直後からランナーについて「知らない」としていた渡部は、22日に生出演した「PON!」でも「本当に知らない!」と事前告知を強く否定しています。

「薄々気づいている人もいるのでは?」との追及にも「俺も本当に知らないし、気づいてない。もし俺だった場合(ならどうなる)というのも聞いてもいない。本当に知らないのよ!」と強調した。

「知らない」としながらも「行列のできる法律相談所」などで練習に励んでいる姿が伝えられている渡部。20日放送の同番組内で「練習も皆さんよりしてると思います」と特訓していることを告白し、「PON!」では「選ばれても走れるようにやっています」と自信をみせるなど、走る準備は万端の模様です。

りゅうちぇる

一時は「内定」の情報も飛び交う

昨年12月に結婚したばかりで話題性十分なりゅうちぇる。彼もネット上やメディアで有力視されている候補の一人です。中でも「当日発表」の公表直前に東スポが「内定!」と報じたことから、一気に「りゅうちぇるで確定か」の空気が醸成された感があります。

「結局はりゅうちぇる(21)に落ち着きそうです。昨年の大みそかに“ぺこ”ことオクヒラテツコ(22)と結婚したばかりの新婚であり、年齢的にも猛暑の長時間マラソンに耐えられるなど起用理由としては十分。近頃“日焼け”が目立つのも、密かにマラソンの練習をしていることの裏付けになっています」

7月30日の「行列~」放送を境に流れ変わる

しかし、7月29日の東スポ「内定」報道、続く30日の「行列のできる法律相談所」の放送を境に「可能性は低い」の流れに。

結局りゅうちぇるが走る方向でほぼ固まっていました。しかし、またしても7月に東スポが『りゅうちぇる内定』と報じたため、日テレは発表を見送らざるを得なくなり、放送当日発表というかたちを余儀なくされたのです

さらに本人が否定

「内定」報道を受けて、りゅうちぇる本人は今月3日と8日に催されたイベントで報道を否定するコメントをしています。

候補の一人として報じられているりゅうちぇるは「本当に聞いてなくて怖い。怖いよ~」と怯えた。
放送当日に発表されるマラソンランナーは、「走る理由がある人」とされているが、りゅうちぇるは「理由が僕はない」と言い切り、「練習していないです。鍛えていないです」とトレーニングも否定。
内定者に練習のメニューが手渡されたという情報については「僕は知らなかったです。だから練習もしてないです。(ダイエットをして)痩せたり、ロケで日焼けをしたのでそういう噂がたったのかもしれないですけど、当日武道館にもいますし、ネットニュースにもなっちゃったから、1番僕が怖いです」と戦々恐々。

…といった具合に本人は否定しているものの、「当日武道館にいる」とも言っていることから、ネットやメディアでは可能性がゼロになったとは思われていないようです。最近になっても「りゅうちぇるが本命」とする記事が配信されてきています。

市川海老蔵

当初の最有力候補だった?

スポーツ紙記者が語る。
「(中略)実はもともとの最有力候補は歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)だった。しかし、6月に妻・小林麻央さんが死去したため、海老蔵サイドがランナーを辞退。慌てた局はほかのタレントに打診するも、なかなか決まらず、仕方なく『当日発表』に持ち越したんです」

アンカーの最有力候補

本来の大本命だったという海老蔵は、リレー方式での最後のランナーとしても最有力候補にあげられています。

実は今、日テレ内でそのアンカーの最有力候補となっているのが海老蔵さんです。海老蔵さんは、乳がん患者のための『麻央基金』立ち上げを検討していることを明かしていますが、日テレは『24時間テレビ』内でその立ち上げの正式発表をすることを企画中で、それとセットで海老蔵さんをアンカーに据えようと考えています。

宮迫博之(雨上がり決死隊)

「走る理由ができた」不倫騒動で有力候補に急浮上

今回の24時間テレビの「スペシャルサポーター」としてランナー候補の一人だった雨上がり決死隊の宮迫博之は、文春砲による不倫騒動で「走る理由」ができたとして有力候補に浮上してきています。

「今年の日テレの『24時間テレビ』のマラソン走者は、放送当日に発表されます。条件は“当日武道館にいる人”で“走る理由のある人”。宮迫はスペシャルサポーターの一人で、当日武道館にいるからドンピシャです。もし走り切れば、不貞騒動に一定の区切りをつけることができ、マラソン絡みでの需要も増えて、損失を取り戻せて一挙両得。このチャンスを活かさない手はないでしょう」

本人も「思うところがありまして絶対走ります」と宣言

20日に放送された「行列のできる法律相談所」では宮迫がトレーニングしている様子を放送。番組内では候補者としての意気込みも語っていました。

宮迫も「僕も思うところがありまして絶対走ります」と宣言した。
なお、スタジオ収録が行われたのは8月6日で、宮迫が不倫疑惑を報じられる前だったが、番組の最後に候補者たちの練習風景が紹介された場面では、「ついにこの男も!」と報道後と思われる宮迫の練習姿も。宮迫は「走らないといけない理由ができたんで」と語っていた。

手越祐也(NEWS)

一旦消えた「有力候補」…再び名前が浮上

NEWSの手越祐也も、日テレの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」のレギュラーであること、メインパーソナリティの小山慶一郎と同じNEWSのメンバーであることなどを理由に、早くから「有力候補」にあげられていました。「オファーを断った」とされていましたが、今月13日にNEWSの4人が武道館に集結することが報じられたことで再び流れが変わったようです。

「もともと早い段階で手越にオファーしていたそうです。手越は、同局の『イッテQ』でも体を張った企画に挑戦しており、マラソンにも白羽の矢が立ったのですが、最終的には断っています」と放送関係者。その上で「武道館に登場することが明らかになり、再びその名前が挙がっているのです」と続ける。

最初の断念の理由は「警備上の問題」か

ジャニーズ事務所からは手越の出演についてOKが出ましたが、警察サイドから『手越が走るとファンが詰めかけるので、警備ができない』と言われて断念。

スキャンダル連発のイメージもネックに?

手越は最近、奔放な女遊び報道や、金塊強奪犯人と一緒に写った写真の流出など、スキャンダルが相次いでしまった。チャリティ番組の手前、さすがに任せることができなくなったのでは、というのが大方の見方です

ブルゾンちえみ

元陸上部で長距離経験者

宮迫と同じく24時間テレビのスペシャルサポーターを務めるブルゾンちえみも、大ブレイク中の芸人として話題性は十分。さらに「学生時代に陸上部だった」という理由で有力候補者扱いをされています。

ブルゾンは、元陸上部で長距離経験者であることから「有力候補の一人」とされているが、「みんな有力候補ですよ。おのおのが走る理由あるような気がしますし。陸上部やっていても24時間ランナーはできないので」と意見。選手時代のことを聞かれると、「1万メートルとかトラックで走ったりとか…」と返した。

「すごく痩せた」「スリムになった」と評判に

ブルゾンが8月4日にInstagramを更新したところ、ネット上では「すごく痩せた」「美人になった」「全体的にスリムになった」と評判になり、同時に「本命」説までささやかれることに。

ブルゾンも急な指名に備えてトレーニングを開始したことをバラエティ番組で明かしていました。その状況で急激に痩せたのですから、相当本格的なトレーニングを行っていることが予想できる。そのため、ブルゾンがマラソンランナーに内定しているのでは?という説が浮上しているのです。

「走ってほしい人」1位

23日にAbemaTVで放送されたランキングバラエティ番組では、「24時間テレビのマラソンで走ってほしい有名人」について10代男女に聞いたところ…

第1位はお笑い芸人・ブルゾンちえみ(27)。「たまには頑張ってる姿を見せてほしい」「しんどそうな顔がおもしろそう」と、普段のキャリアウーマンとのギャップを見たいとの声があがった。

みやぞん(ANZEN漫才)

今年ブレイク&相方が結婚

ブレイク中の芸人、ANZEN漫才のみやぞんも24時間テレビ放送当日に出演者たちをお迎えする役“武道館北口担当”として「武道館にいる人」の条件を満たします。また、21日には相方のあらぽんが結婚を発表したことで「走る理由ができた」と盛り上がっています。

あらぽんが番組で結婚を生発表したため、青木源太アナウンサーが「走る理由ができたんじゃないですか? 相方への祝福ラン…」と、みやぞんが"走る理由がある人"という条件に当てはまるのではと発言。あらぽんも「ありますね」と同調していた。

「24時間走りきれそう」な芸人

同じランナー候補のアンジャッシュ渡部に「動ける若手」として名前を挙げられ、水卜アナには「何百キロも走れそう」と言われるなど、みやぞんには24時間走りきれそうなイメージがあるようです。
特に芸能レポーターの長谷川まさ子氏は次のように語っています。

「私の予想は、みやぞんです。実は私も一昨年、フルマラソンを走ったんですが、3か月弱の準備をしても本当に大変でした。今回のあまりに短い準備期間だと、体力に不安がある人だと重大な事態も起こりえる。今、局はコンプライアンス的に、そんなリスクは絶対に冒せないので、24時間走りきれるであろう、みやぞんが有力なのでは。また、彼なら沿道の人たちとの触れ合いも面白そう。マラソンランナーとしてのサプライズ感はなくても、ゴールまで、ずっと楽しめそうな気がします」

本人は「選ばれたら一生懸命やりきる」と意気込み

みやぞんは「距離知らない。詳しいことは本当に知らない」「その可能性があるかもよと」とごまかしながら、「そうなったらなったで走りますし、ならなかったらならなかったらで走りませんね。それだけのこと。選ばれたら一生懸命やりきる」と心境を述べた。

綾部祐二(ピース)

毎日10キロの走り込みを暴露される

中でも最有力と目されているのがピースの綾部祐二。いまだアメリカ留学が実現できていないことや、8月1日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で品川庄司の品川祐が「綾部は毎日10キロ走っている」と暴露したことから、24時間マラソン挑戦を確実視する声も上がっている。

綾部の「走る理由」は?

「走る理由」については「米国進出のきっかけに」「最後の大仕事」といったことが語られています。
また一方で、日本での復帰に向けた“お詫び行脚”という説も。
ただ東スポに報道されて可能性が消えた芸能人もいるため、品川の「ネタバレ」でポシャったのでは?という見方もあります。

「綾部の米国就労ビザ取得は、相当難航しています。しかも、渡米前から『カフェで働きたい』などと言ってしまったので、観光ビザも下りない可能性が出てきてしまった。不法就労するような人を入国させるわけにはいきませんからね。そこで、24時間ランナーになって、走りながらお詫び行脚をして、日本での芸能活動再開というプランはありえたと思います。綾部がランナーだったとしたら、品川の不用意な発言でこのプランは消えたでしょうね。サプライズじゃなくなりましたから」

坂本雄次さん

※写真右が坂本さん

今年で70歳「最後になるかも」…花道を飾るか?

大穴として浮上したのが、過去25回全てで伴走を務めたトレーナーの坂本雄次さん(69)だ。これまで3度、腰を手術し、最近は筋力の衰えに悩んでいる。実は、周囲には70歳になる今年が「最後になるかもしれない」と漏らしている。番組が功績を称えて24時間ランナーとして指名し、出演者や過去のランナーが今度は交代で坂本さんの伴走をして日本武道館に飛び込めば、番組クライマックスが最高に盛り上がること間違いなし。

最後の二人は有力候補というより大穴といった感じです。ただ、二人とも「なるほど」と思わせる「走る理由」があったので、最後に紹介しておきました。
ちなみに、“隠し玉”や“サプライズ”としては、ベッキー、木村拓哉、果ては島田紳助といった、誰もが「走る理由あるよね~」と納得できるビッグネームも浮上していて、募金に来た、歌いに来たという芸能人も「武道館にいる人」に該当するだけに、こういったサプライズもあり得るかも?
また、今回紹介した「有力」の根拠は我々が知っている「走る理由」をもとにしているだけであって、もし「走る理由」が隠されていて、その理由がとんでもないサプライズだった場合は、予想外の人物がランナーとして走る可能性だってあります。
兎にも角にも、放送当日に注目が集まりますね!

関連ニュース