特集2017年5月12日更新

坂上忍の暴言・毒舌・大胆発言集

情報番組などでも歯に衣着せぬ発言で注目を集めている坂上忍さん。今回は、番組内で生まれた数々の暴言や毒舌、逆に共感を生んだ正論などと、それに対する世間の反応をご紹介。そして、毒舌でありながらも番組司会者として支持されている理由などもまとめています。

坂上忍の暴言・毒舌・大胆発言集

番組内でたびたび持論や率直な意見を発する坂上忍さん。時に暴言や毒舌とも取れる発言をし、共演者や視聴者をヒヤリとさせる場面もしばしば。しかし毒舌ながらも視聴者の思いを代弁してくれているかのような的を射た痛快な発言や、周囲の人々を納得させたり共感を生む的を射た正論も。

高樹沙耶逮捕についてのオリラジ中田の発言に…

発言内容

10月28日放送のバイキング(フジテレビ系)で、麻薬所持により逮捕された高樹沙耶について、「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に出演した中田敦彦(オリエンタルラジオ)の発言が紹介されると、それに対し厳しく批判した。

中田が『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、「7年前に千葉で同じような生活をしていた高樹さんのロケに行ったんですけど、やっぱりそのときからちょっと怪しいなとは思ってました」とコメントしていたことを紹介した。
 これについて坂上が後藤に「ちょっと俺、聞きたいんだけどさあ、先輩でしょ? この子は大丈夫なの?」と意見を求めると、後藤は「多少の後出し感はありますけど」と同意。中田に違和感を持っていると明かした。
 さらに坂上も「(高樹容疑者が)こういうことになって、7年前に“怪しいな”って、それはないだろ!」と、7年前の印象を持ち出してきたことを批判。

その発言に対する反応は…

フットボールアワーの2人は、逮捕直前に石垣島での高樹の生活に密着取材していたことで話題になった10月7日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS)に出演していたという話をし、その場を取り繕おうとしていた。
 そんななか、最終的にはフットボールアワーの岩尾望がこんなことをボソッと暴露したのだ。
「ただ単に、その番組はあっちゃんもレギュラー、オリラジも出てるんですけど、そんときはそんなこんなこと言うてへん」
 そう、実は高樹の石垣島での生活に密着した様子を流した『爆報!THEフライデー』には、中田も出演していたのだ。そして実際に番組を見直してみると、岩尾が暴露したとおり、中田は「怪しい」などひと言も言っておらず、「前から怪しいと思ってた」は正真正銘の後出し発言だったのだ。

今村雅弘氏の問題発言と辞任を受けて…

発言内容

4月26日放送のバイキング(フジテレビ系)で、今村雅弘 元復興相が行った講演の中での不適切な発言に、激しく批判。

 番組では今村氏の辞任について取り上げた。坂上は「悪気がなかったっていうのかもしれないけど、こういう時に人間の性根が出ると思っていて」と苦々しげに切り出すと、「東北を“あっち”っていう表現使っただけで、この人の性根腐ってんだろうなって思った」と嫌悪感を示し、厳しく批判していた。

その発言に対する反応は…

ひな壇の後ろで大きくうなずきながら聞いていた橋本マナミ。「本当ですよね、私も東北なのでホントにこの発言を聞いた時は、もうすごい怒りに満ちてしまって…生放送だから言えないですけど」と語気を強める。
「言っちゃえば!」と坂上に迫られた彼女は「あんまり強い言葉は言えないですけど…」と前置きしながらも「どん底に落ちろって!」「人の痛みが分からないんだったら、一回落ちてそれを感じてから人を助ける地位につかなければいけないのではないかな」と訴えた。

高橋真麻の”鼻”に…

発言内容

4月4日放送のバイキング(フジテレビ系)で、学生時代に宝塚に憧れがあったことを語る高橋真麻に、すかさず放った一言。

 高橋は「阪急電車に向かって挨拶してますよね」「電車にもしかしたら先輩が乗ってるかもしれないからって、通ってる電車に礼をする」と次々と宝塚知識を披露。「私、宝塚好きでずっと憧れはありました」と宝塚への熱い思いを告白すると、それを聞いた坂上がすかさず、「鼻で残念賞だったの?」と一言。

その発言に対する反応は…

驚いた高橋は「もうひどい!」と激怒し、ほかの出演者からも「坂上さん最低」「ガチで最低だな」「訴えたら勝つから」と高橋をフォローする事態となった。

「バンドマン」に対する印象について放った一言…

発言内容

3月7日放送のバイキング(フジテレビ系)で、「バンドマンはなぜモテるのか」について討論した場面で自身の「バンドマン」の印象を語った時の一言。

坂上はギターの弾きまねをしながら「バンドマンなんかジャンジャカジャンジャカ弾いてるだけじゃん」と語る。スタジオからは、やや笑いが起こったが「それは言いすぎ」との声も。
また、「バンドマンは喋らないからでは?」という意見にも「あ、そうだ。だからジャンジャカ弾いてるんだ」と、バンドマンが好きではない様子を見せた。

その発言に対する世間の反応は…

音楽好きのファンから非難の声があがったが、中には坂上を支持する意見も。
・なんかバンドマンをバカにしてて坂上忍が嫌いになった
・バカにしすぎじゃない? マジで不愉快なんだけど
・最高だわwジャンジャカがツボった。たしかにそうだからなー
・坂上のバンドマンdisおもろいw ぜったい炎上するw

藤本美貴に突然「整形してない?」…

発言内容

2月27日放送のバイキング(フジテレビ系)で、ゲスト出演していた藤本美貴の表情を見て、突然の一言。

坂上は、ゲスト出演した藤本に対して突然、「ん? ミキティ、整形してない?」と爆弾発言。藤本が「急に!?」と訝るのも気にせず、「いつもと顔が違う、寝不足なの?」と畳みかけた

その発言に対する反応は…

異様な状況にブラックマヨネーズの小杉竜一が思わず「変化に対する問いかけ、下手すぎやろ!」とツッコミ。坂上が謝ることで場は収まった

この発言は、以前のとある出来事がキッカケとなった可能性も。

「2月22日の放送で、最後のニュースコーナーに登場した高橋克実が『坂上さん、人のこと見てないでしょ?』と問い詰める場面があったのです。あたふたする坂上に対して高橋が明かしたのは、一緒に出演しているキャスターの安藤優子が前日に髪を切っていたということ。これには坂上も『気が付かなくてスイマセンでした』と平謝りでした。これがキッカケで坂上も、女性出演者の変化に過敏になったのかもしれません」

たとえ、サッカー日本代表の本田選手であろうと…

発言内容

3月24日放送のバイキング(フジテレビ系)で、アジア最終予選のUAE戦で途中出場した、サッカー日本代表の王様ともされる本田圭佑選手のプレーにすら物怖じしない発言。

 坂上は、「本田、途中出場したけど、どうだったんですか? 動き的に」「かみ合ってなかったような気がしたんだけど」と、疑問を呈した。お笑いタレントの土田晃之(44)が「だからといって、出さないっていうわけには、いかない選手だと思うんですよね」と発言したが、坂上は「なんで?」「(本田が)文句言うから? 出さないと文句言っちゃうの?」と怒り顔。
 土田が「なんでそういう変な目で見るの、本田を?」と返したが、坂上は「だってさ、右にいてさ、本田さ、すぐ真ん中のほうへダーっと走っていくじゃない」と反論。土田は「それぞれの持ち味がやっぱあるんで」と冷静に諭したのだが、坂上は「それで本田が真ん中、行っちゃうからさ、本田がいなくなって、その隙間のところを違う人が埋めてあげてさ、周りの人たち、大変だろうなって」と、本田選手のプレー内容に不満のようだった。

その発言に対する世間の反応は…

本田批判に対して、ネットなどでは「サッカーを知らないお前が言うな」と大ブーイングが起こっているが、その一方でこんな声もある。サッカーライターが語る。
「坂上さんの発言は、あながち間違いとは言えない。しかも、テレビに出る多くのサッカー解説者やサッカー芸人は、日本サッカー協会や代表選手の批判を一切せず、迎合するコメントばかり。そのため、サッカー関係者の中には、『坂上、よくぞ言ってくれた』との声もあるんです。某サッカー誌の編集長は『坂上さんにサッカーコラムの連載をお願いしたい』とも語っていましたよ(笑)」

元木の予想に小声で放った一言が…

発言内容

3月13日放送のバイキング(フジテレビ系)で、ワールド・ベースボール・クラシックの初戦後、元プロ野球選手の元木大介がした日本の順位予想に対しての発言。

「日本は何位までいけそうですか?」と聞かれた元木が、今回はベスト4かもしれないと正直な意見を述べると、坂上は静かに小さな声で「アンタ、盛り上げる気あんの?」と発言し、一瞬スタジオがピリつく場面もあった。

その発言に対する世間の反応は…

これら一連の流れにネット民からは坂上を非難する声が。また、元木に対しては同情の声が上がった。
・コメンテーターに話を聞いておいて全否定ってなんなの?
・元プロ野球選手に対して対応ひどすぎない?
・野々村が真面目に話してるのにそっけない対応、元木の意見も一理あるのに自分の意見を強要。ひどいわ
・「MVP誰?」って聞いておいて中田は違う! っておかしくない? じゃあ聞くなよ
・元木さんはまともなこと言ってるのに...かわいそうすぎる

厚切りジェイソンの「外国人タレントのデメリットは?」の回答に…

発言内容

3月2日放送のバイキング(フジテレビ系)で、お笑い芸人・厚切りジェイソンが「ボクらの時代」(フジテレビ系)出演時に受けた「外国人タレントのデメリットは?」という質問に対する回答を紹介すると、不満げに反論。

厚切りジェイソンは、2月19日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。その際に「外国人タレントのデメリットは?」と質問され、「本当はそんなにすごくない日本の文化に対して、感動しないといけない場面とかが多い」「日本人が何ですごいかという番組の中で、“四季があるから”と言わないといけない」「“アメリカにも季節が4つあるんだよね”と言ったらもう全面カットだから」などと答えた発言を、番組で紹介した。
 坂上は「日本の四季とは違うんじゃないの?」とブチ切れた
(中略)
「アメリカって広いじゃん。あの中で時差があるわけじゃん。だからそれを考えたら四季があるのは分かるんだけど、じゃあ、L.A.はL.A.で四季が日本みたいに明確にあるの?」と不満顔だった。

その発言に対する世間の反応は…

ネット民からは、厚切りジェイソンの発言に対して賛否両論。賛成派の意見は…
・過剰な日本すごい番組は気持ち悪いよ。日本にしかない先進技術は素晴らしいとは思うけど
・別に日本が嫌いとかそうゆうのではないのに、「じゃあ自国に帰れば?」ってなっちゃう多様性のない視野
一方、反対派は...
・私も坂上忍と同じように「じゃあアメリカ帰れ」って思う
・海外の四季と日本の四季は違うんだからそりゃ批判されるわ

清水富美加の芸能界を引退する理由に…

発言内容

2月13日放送のバイキング(フジテレビ系)で、女優・清水富美加の引退理由や仕事をすっぽかしたことを強く批判。

引退の原因のひとつである給料が5万円であることについて、坂上は「こんなの俺の時代でもそうだったよ。若手は不眠不休」と相容れない様子。
また、現在の仕事を反故にしたことについては、「どれだけ色々なところに迷惑かけてると思ってるんだ」と興奮気味に話し、「(仕事を)すっぽかして出家するみたいなのを許しちゃうとなんでもアリになる」と仕事に対する姿勢を激しく批判した。
スタジオから「出家ということは抜きにして、仮に心身ともに限界まできて入院した場合にもそう言うんですか?」と質問されると言葉を濁し、「出家は抜きにできないじゃん」と語気を強め、スタジオはややピリピリとした雰囲気に。
体調不良にもかかわらず、ツイッターのアカウントを新設する清水に不快感を示し「俺は一切擁護する気はない」と断言した。

その発言に対する世間の反応は…

ネット民からは、坂上を批判する声があがっている。
・毎日働いて月給5万円を「下積み時代なら当たり前」って言いのける坂上に引く
・坂上は自己責任論に持って行きすぎだろ。管理しなかった事務所にも問題あるのにそこには触れないのかよ
・事務所擁護ばっか。清水さんを心配する意見にはすぐ怒りで被せてひどい
・これこそパワハラなんじゃないの? みんな黙らせてるじゃん

この批判に疑問を感じる芸能人も

 脳科学者の茂木健一郎氏が14日、自身のTwitterで「芸能界の悪習からようやく逃げた人を、芸能村の人たちがテレビであれこれと非難するのはほんとうに見苦しい。日本のテレビがオワコンであることを益々感じさせる。人間、フェアじゃなくては、結局人々の心から見捨てられる」と批判
タレントの伊集院光も14日のラジオ番組で、清水を非難する芸能人たちについて「あまりにそれ一色なことに気持ち悪さを感じる」と印象を述べ、「芸能界という一般の会社と違う場所、そこで勝ち抜いた人の意見って、バイアスがかかっちゃっている気がする」「著名な人の意見がバランス感覚を欠いている気がする」と指摘。「彼女は死にたいと思っていて、そういう人に『仕事の責任を取っていないのに辞めるな』というのは、俺は違うと思う」と語った。

未成年淫行疑惑で記者会見を開いた狩野英孝のコメントに…

発言内容

1月23日放送のバイキング(フジテレビ系)で、未成年淫行疑惑で記者会見を開いたお笑い芸人・狩野英考の発言に対して苦言を呈した。

狩野の会見についてスタジオはやや狩野を擁護する様子だったが、坂上は「不快だね」と発言。
その理由として「自分を守る言い訳ばかり。女性を守る発言が見られない」と言う。「知らなかった」「(肉体関係について)直接的な話はちょっと...」と濁す狩野の姿勢が気に入らなかったようだ。

その発言に対する世間の反応は…

ネット民からは「MCがその態度はどうなの?」「司会者失格」と、坂上のMCとしての立場について言及する声があがった。

西陣織の弟子募集内容を見た周りの声に…

発言内容

3月30日放送のバイキング(フジテレビ系)で、西陣織の弟子募集内容を「やりがい搾取だ」などとする世間の反応に対して一喝。

坂上は、やりがいは働く側が感じることであり、これを大切に思う労働者がいればそれでいいという論調で、自分のやりたいことが仕事になるのは奇跡だとし、そのために働くことのなにが悪いということを発言した。
その引き合いとしてお笑い芸人や俳優を挙げ、賃金が安くても将来や向上心のためにがんばっているのだから...と「やりがい搾取」との声への不理解を示している。

その発言に対する反応は…

フットボールアワーの岩尾望(41)は「よしもとはやりがい搾取で成り立っている」と発言し、スタジオの笑いを誘った。
「低賃金でもやりがいをもって働きたい」という意思について、その業界の中にいる人と外にいる人では価値観が違うのかもしれない。

「やりがい搾取」とは

昨年に放送され話題になった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で主人公のみくり(新垣結衣)が発言したことで話題になった言葉だ。「勉強になる」「勉強のため」といった仕事のやりがいを盾に労働者を安い賃金で働かせるもの。

政治家の不適切な発言や不快な表情に…

発言内容

3月2日放送のバイキング(フジテレビ系)で、鴻池元防災担当相が森友学園問題の会見中にした不適切な発言と、予算委員会で疑惑を追及されている中で麻生大臣と安倍首相の不快な表情が映った場面に対して、憤りを吐露。

坂上忍は鴻池氏の会見により「こんにゃく」と札束を表現してやりとりするような取引が行われていることを知って「そういうことが当たり前に行われているんだな」と驚いたという。さらに「鴻池さんは自分のことを男らしい政治家だとおっしゃっていますけれども。“男らしいのと傲慢は違う”と僕は思います」と率直に述べた。
「国会答弁でも共産党の小池さんと麻生さんのやりとり! 麻生さん自身はそういう気持ちではなかったのかもしれないが、薄ら笑いとまでは言いませんけれどもね! ただ、あのやりとりの時にああいう笑みを浮かべられると、見てる側としてはそういう目線で国民を見てらっしゃるんだなという印象は覚えてしまう」と予算委員会にも触れて「鴻池さんとのセットで見さして頂いて。まあっ、不愉快でしたね」と憤りを露わにした。

その発言に対する反応は…

安藤キャスターは「日本の政治って、こういう陳情と利益誘導みたいなものを繰り返してきたというのは事実。こういうことがまだ日常的に行われていたんだなと、まさしく坂上さんがご指摘な通りだと思う」と共感していた。

テレビ関係者や自身が語る、坂上忍の裏側

今や芸能界のご意見番として活躍する坂上忍さん。これほどまでに支持され、トーク番組で起用される理由とは…?

ひたむきに仕事に取り組む真摯な姿勢と努力

『引き受けたからには全力で役目を果たすのが筋』と本気で取り組んでいる。番組では芸能ニュースばかりでなく政治・経済についても取り上げることが多い。東京湾を一望できる広大な自宅で11匹の愛犬と暮らしていますが、毎日、新聞や書籍を読み込むなど勉強してから番組に臨んでいる。もっとも、その努力を決して人には見せようとしませんが

求められていることを判断し実行できる

「坂上さんはサービス精神が旺盛。さらに、自分が何を求められているかということを、瞬時に的確に判断できる人。バラエティ番組では刺激的な暴露話を対象者が誰かわからない範囲でギリギリまで話して驚かせるし、芸能記者が集まっている会見などでは、最近の話題を取り上げて“浮気容認”というネタをマスコミに提供するなど、実に頭のいい人です」
「坂上は俳優であり演出家でもありますから、本人のイメージや場の雰囲気など、かなり計算して発言しているのは間違いないでしょう。過激な発言が多い坂上ですが、決定的なミスはしません。その勘の良さが、売れっ子になった理由でしょう」

「毒舌」は、意図的につくり出している?

視聴者に「なぜ、いつも怒っているの?」との質問を受けた際に「毒舌キャラ」についての本音を語っています。

「自分では毒舌だとは思っておりませんが、怒っている役を演じることはあります」と回答。これを受けて、東野が“内心では怒っていないのか”と質問すると、坂上は「そんなにね、今年50歳なのに怒ることあります?」と返答。東野も笑いながら「ないです」と坂上に同意していた。続けて坂上は、テレビ番組で怒ることについて「本気で怒っている空気がスタジオに生まれないと、気がすまないところがあるんです」と説明し、スタジオの空気が張り詰めると「すっごく興奮してくる。“これこれ!”って思っちゃう」と発言。あえてピリピリした空気を作っていることを明かした。
坂上忍の発言は、芸能界というムラの中での「キャラ」から発せられるものではなく、むしろ大きな社会から「正論」を怒鳴る。これは我々視聴者に対して、坂上忍が子役を叱って育てるという生業をほかに持っているというイメージも大きく加担しているだろう。坂上忍は芸能界にいながらも、芸能界の住民ではないというイメージ。この人は芸能界だけではなく、通常の社会とちゃんと接しているのだというイメージだ。だからこそ、その言葉には説得力があり、明日からもまた、坂上忍は「正論」を口にし続けるだろう。「正論」が直接口に出しにくくなった現代の日本社会が生んだ徒花。それが坂上忍なのである。

発言がすぐにSNSやネットニュースで取り上げられる坂上忍さん。実は「怒っている役を演じていることはあります」など、番組を盛り上げるために意図的に雰囲気を作り出していることもあるとのこと。これからもトーク番組で暴れて、視聴者を虜にさせる名司会者として活躍する姿が楽しみですね。