1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

独製造業PMI、12月は横ばい 供給制約緩和の兆し

ロイター / 2022年1月3日 18時41分

IHSマークイットが3日発表したドイツの12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.4で前月と変わらず、速報値の57.9から下方修正された。フランクフルトの金融街、2020年撮影。(2022年 ロイター/Kai Pfaffenbach/File Photo)

[ベルリン 3日 ロイター] - IHSマークイットが3日発表したドイツの12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.4で前月と変わらず、速報値の57.9から下方修正された。

受注は旺盛で、供給制約が緩和する兆しが出ている。

IHSマークイットのエコノミクスアソシエートディレクター、フィル・スミス氏は「調査の生産指数は過去2カ月上昇しており、2021年第4・四半期は成長が上向く転換点になり得ると期待させる」と述べた。

製造業各社は受注が好調で22年の成長見通しに自信を持っているという。ただ、引き続き供給の状況が改善するかどうかにかかっているとし、パンデミックの状況で悪化する可能性もあるとの見方を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください