1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

FRB資産縮小、償還上限設定など前回の手法有効=NY連銀幹部

ロイター / 2022年1月11日 2時37分

米ニューヨーク連銀幹部のローリー・ローガン氏は10日、連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小について、債券の毎月の償還額に上限を設けるなど、前回の資産縮小時に採用した手法が今回も役に立つ可能性があるとの見方を示した。写真は2020年3月撮影(2022年 ロイター/Lucas Jackson)

[10日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀幹部のローリー・ローガン氏は10日、連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小について、債券の毎月の償還額に上限を設けるなど、前回の資産縮小時に採用した手法が今回も役に立つ可能性があるとの見方を示した。

ローガン氏はニューヨーク連銀の「システム公開市場勘定(SOMA)」を管理。マクロ・ミュージングズのインタビューに対し、2018年と19年にFRBがバランスシートを縮小した際は「オーガニック」な手法を採用したと指摘した。

FRBは当時、資産売却はせず、毎月の債券償還に上限を設けると同時に、償還で得た資金の再投資を行わないことで、バランスシートを縮小。ローガン氏は、こうしたプロセスは「うまく機能したようだ」と語った。

その上で、FRBは資産縮小に着手するにあたり市場を緊密に注視すると述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください