Zoho、クラウド型表計算サービス「Zoho シート3.0」をリリース! ~フィルター、印刷プレビューなど新機能追加/インターフェースを改良~

@Press / 2012年8月16日 10時0分

シート3.0
ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、Zohoのクラウド型表計算サービス「Zoho シート」の最新バージョン「Zoho シート3.0」をリリースしました。


■概要
Zoho シートは、ブラウザーさえあればどこからでもアクセスでき、共同編集が可能なクラウド型表計算サービスです。マクロ、ピボットテーブルなどの高度な機能にも対応しています。

本バージョンアップでは、フィルター、印刷プレビュー、ソルバー、検索と置換、数式のオートコンプリートなど、様々な新機能を追加しました。また、インターフェースが新しくなり、より直感的に操作できるようになりました。これまで要望の高かった印刷プレビューや、連立方程式などのより高度な計算が可能になるソルバーなどを使えるようになりました。
Zoho シートサービスページ( http://www.zoho.jp/sheet/ )


■新バージョンの詳細
【インターフェースの改良】
インターフェースを改良し、メニュータブを設置しました。より直感的な操作が可能になりました。

【フィルター機能】
条件を設定して、特定のデータを抽出できます。特定の値による抽出、上位データの抽出などが可能です。

【条件付き書式設定】
設定したルールに合わせて、選択したセルのフォーマット(強調、斜体、下線、セルの色、文字の色)を変更できます。

【セルの形式】
様々な形式(数字、通貨、日付など)からセルの形式を選べます。また、形式のカスタマイズもできます。

【印刷オプション】
印刷前にプレビューで確認できます。

【ソルバー】
What-if分析を行いデータを最適化できます。数式に複数の様々な値を試した結果を調べられます。

【検索と置換】
単語を検索できます。また、検索した単語を別な単語に置換することもできます。

【数式のオートコンプリート】
数式の入力途中で候補が表示され、素早く入力できます。

【合計、平均、セル数の自動表示】
選択したセルの合計、平均、セル数をステータスバーに自動で表示します。

【前回選択セルの表示】
既存ファイルを開く場合、前回選択していたセルを表示します。

【色の選択】
セルの背景色「なし」、テキストの色「元の色」を選べます。


<注意事項>
今回のバージョンアップに伴い、Internet Explorer 6、Internet Explorer 7のサポートを終了します。Internet Explorer 8以降、または最新のFireFox、Google Chrome、Safariからご利用ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング