国内最大級の病院・お薬検索サイト「QLife」から新たに【首・肩・腰・膝の痛み専門】の病院検索サイト『QLife痛み』が6月3日にオープン

@Press / 2013年6月3日 11時0分

TOPページ/痛みの連絡帳
月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内 善行)は、6月3日(月)に、近年患者が急増している「首・肩・腰・膝の痛み」に悩む方に向けた運動器の痛み専門病院検索サイト『QLife痛み』をオープンしました。

『QLife痛み』: http://www.qlife.jp/pain/


『QLife痛み』では「公立大学法人 福島県立医科大学理事長兼学長 菊地臣一先生」や「慶應義塾大学医学部整形外科学教室教授 戸山芳昭先生」など国内トップクラスの医師が監修しているほか、受診の際に医師に治療の希望を伝える「痛みの連絡帳」、予防のコラムなど、「痛み」に関するあらゆる情報が掲載されています。

TOPページ/痛みの連絡帳:
http://www.atpress.ne.jp/releases/36024/a_1.png


【患者が急増する運動器疾患~『QLife痛み』オープンへ】
首・肩・腰・膝に代表される、運動器の痛みを訴える患者が急増しています。厚生労働省が公表した平成22年国民生活基礎調査によると、人口1,000人当たりの病気やけが等で自覚症状のある者の割合(有訴者率)において、男性では「腰痛」での有訴者率が最も高く、次いで「肩こり」、「鼻がつまる・鼻汁が出る」、女性では「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」、「手足の関節が痛む」となっており、男女ともに運動器疾患が上位を占めています。

また、介護が必要となった主な原因を要介護度別にみると、要支援者では「関節疾患」が19.4%で最も多くなっています。こうした患者の増加を背景に、政府からも平成19年の「新健康フロンティア戦略」において、介護予防対策の一層の推進の観点から、骨折予防及び膝痛・腰痛対策といった運動器疾患対策の推進が必要であるとの方向性が示されています。

QLifeでは、一貫して疾患にたいする正しい知識を一般の方に伝え、適切な医療機関に受診していただけるよう、この度、運動器の痛み専門特化サイトとして『QLife痛み』を開設しました。


【『QLife痛み』コンテンツ概要】
■自分の痛みと治療法を知ろう
首、肩、腰、膝の痛みの原因や痛みに潜む病気、その治療法について、国内トップクラスの医師監修のもと、解説していきます。首の監修は「慶應義塾大学 医学部整形外科学教室 教授 戸山芳昭先生」。肩の監修は「群馬大学大学院医学系研究科整形外科学 教授 高岸憲二先生」。腰の監修は「公立大学法人 福島県立医科大学 理事長兼学長 菊地臣一先生」。膝の監修は「横浜市立大学付属病院 整形外科 主任教授 齋藤知行先生」が行います。
画面: http://www.atpress.ne.jp/releases/36024/A_2.png (画像左)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング