LINEは「のどか志向」、Facebookは「外交的×先取り志向」、Twitterは「内向的×先取り志向」

@Press / 2013年7月24日 10時30分

チャート1
ブランド戦略コンサルティング会社の株式会社リスキーブランド(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:田崎 和照)は、同社が毎年実施している生活意識調査MindVoice調査(約4,000サンプル/年)を用いて「SNS活用者動向」について分析を行いました。

詳細: http://www.riskybrand.com/report_130724/


【サマリー】
2013年5月時点のSNS活用者人口は、LINEは1,094万人とトップ、Facebookはこの2年で5.8倍に増加したものの906万人と2位、Twitterは783万人(この2年で1.4倍増加)、mixiは440万人(この2年で37%減少)という結果でした。mixiの存在感が希薄化する中、LINE、Facebook、Twitterは、それぞれインスタントメッセンジャー、ソーシャルネットワーク、つぶやき(ミニブログ)といった利用シーンごとの地位を確立した形となりました。

主要SNS活用者の年齢階層をみると、15~24歳ではLINEとTwitterが強く、25歳以上ではLINEとFacebookのツートップ、それぞれの活用者の価値観をみると、LINEは「のどか志向」、Facebookは「外交的×先取り志向」、Twitterは「内向的×先取り志向」という特徴があることが分りました。


【MindVoice調査】
■手法:インターネット調査
■対象地区 :全国
■調査時期 :毎年5月
■調査対象者:15~64歳男女個人(性年齢均等割り付け)
■標本数  :2011年/N=4,028 2012年/N=4,181 2013年/N=4,267


【主要SNS活用人口の推移】
MindVoice回答者の主要SNSのID登録者のうち「日常的に活用している」と答えた人を「活用者」と定義、総務省の人口推計・通信利用動向調査とあわせて主要SNSの活用人口を推計(*注1)すると、2013年5月時点でのSNS活用者は、LINE(1,094万人)、Facebook(約906万人)、Twitter(783万人)、mixi(440万人)という結果になりました。

2011年から2013年までの2年間での活用者の増減を見ると、Facebookは約5.8倍(749万人増加)、Twitterは約1.4倍(225万人増加)とそれぞれ追い幅に増加、2011年6月リリースされたLINEも急速に活用者が増加した反面、mixiは697万人(2011年)から440万人(2013年)へと、37%(257万人相当)減少したことが分りました。

@Press

トピックスRSS

ランキング