ホメて交通事故を減らすソーシャルアクション!5月5日(月・祝) 銀座柳まつりにて実施

@Press / 2014年4月25日 10時0分

ホメパレード ロゴ
コミュニケーションの力で首都高の交通事故を減らす「東京スマートドライバー」プロジェクト(発起人:小山薫堂、賛同者数 約142,000人/賛同企業153社/ご当地プロジェクト34団体、以下「東京スマートドライバー」)は、5月5日(月・祝)第八回銀座柳まつり会場で、「悪い運転を叱るより、良い運転をホメよう。」を合言葉にした2つのソーシャルアクションで交通事故の削減に挑戦します。

ひとつめのソーシャルアクションは、銀座柳まつりのメインプログラム「交通安全パレード」に参加し、プロジェクトに賛同する市民のみなさまとホメることの素晴らしさを伝える「ホメパレード」です。

ふたつめのソーシャルアクションは、着るだけで誰でもホメ上手になれる全10種の“ホメ言葉”をプリントした「ホメT(ホメティーシャツ)」500着を無料配布し、着用した人の姿を次々にSNSに投稿していくことで銀座から世界中にホメ言葉を発信する「ホメコレ(ホメコレクション)」です。

東京スマートドライバーはこれらの取り組みを通じて、交通事故を減らすことに挑戦します。

「東京スマートドライバー」: http://www.smartdriver.jp/


■銀座柳まつり参加の背景
大型連休になると帰省や行楽のために車を利用される方が増加します。東京スマートドライバーは交通量の増加に伴う渋滞や交通事故に注意を促すため、子どもから大人まで、誰でも楽しく参加できる交通安全イベントとして、2010年より日本最大級の交通安全パレード「銀座柳まつり 交通安全パレード」に参加しております。

■ホメパレードについて
東京スマートドライバーは「銀座柳まつり 交通安全パレード」において例年、北は青森、南は鹿児島まで、日本各地で活動しているご当地スマートドライバーのみなさんがお揃いのTシャツを着て、ピンクチェックの横断幕、のぼりを持って西銀座通りを大行進します。
今年は「ホメパレード」として、沿道から見守る方々に“悪い運転を叱るのではなく、良い運転をホメよう”をテーマにメッセージを投げかけ、ホメることの素晴らしさを伝えていきます。

■ホメコレについて
「シートベルトの付けこなし、センスある?!」「運転中の鼻歌がウマすぎる!」など、普段なら見落としてしまいそうな、ドライバーに対するホメ言葉をプリントした全10種類のホメるTシャツ「ホメT」を500名の方に無料配布いたします。ホメTを受け取った方にはその場で写真を撮影していただき、ご自身のSNSに投稿していただきます。ユニークなTシャツを着た人の写真が次々と投稿されることによって、ソーシャルメディア上に「悪い運転を叱るより、良い運転をホメよう。」という東京スマートドライバーが掲げる交通安全メッセージを拡散し、それを見た一人ひとりの意識が変わっていくことを狙います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング