ビーティフィック、ユニッシュと共同で関節症の鎮痛術を開発 ~注射を使わないコンドロイチン&グルコサミン注入による関節症の画期的鎮痛術~

@Press / 2014年5月15日 9時30分

ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム イメージ
株式会社ビーティフィック(大阪市、代表取締役社長:中西 博文)と、株式会社ユニッシュ(大阪市、代表取締役:中西 國重)は、関節症・腰痛症疾病患者の「痛み」に有効な、注射を使わないコンドロイチン・グルコサミンの患部注入により「副作用のない痛みの緩和」を目的とした画期的鎮痛術『ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム』を、共同で開発しました。


■ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム
当社では、膝関節症・腰痛症疾病の患者に対する有効な施術法として、経口摂取では即効性が感じにくいと言われるコンドロイチン・グルコサミン・MSM・高分子ヒアルロンNa等の有効成分を高濃度処方したコンプレックス導入液を、当社の特許技術であるエレクトロポレーション導入装置を用いることで患部へ直接注入することができる【ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム】を開発いたしました。
本システムの導入により、整形外科をはじめ、注射・薬物治療の行えない鍼灸・接骨・整骨院におきまして、関節症疾病の患者に対し副作用の無い疼痛緩和に即効性のある施術を、自費診療メニューとしてご利用いただくことが可能となります。
本システムは、施術直後に即効性を感じて頂きやすく鎮痛効果が数日間得られることもあるため、鎮痛剤などの内服量低減や患部回復サポートにもつながる、患者のQOLを向上させることを目的とした最新の自費診療メニューです。


■エレクトロポレーションとは
当社のエレクトロポレーション導入装置「イーポレーション・シリーズ」は、当社が保有する特許技術に基づいて開発され「針を使わないコラーゲン注入機」として既に医科・美容クリニック及びエステ市場に広く普及し、人気集客メニューとなっているものです。
本来エレクトロポレーションとは「電気穿孔法」といわれるバイオテクノロジーのことで、短く強い電気パルスを利用して有用遺伝子を目的の細胞に直接注入する方法として遺伝子組み換え等に利用されています。
当社は、この技術を応用し美容領域で効果を求める方法として、エレクトロポレーション導入の基本技術を開発し「薬物投与装置」として特許を取得しています。


■本システムによる鎮痛効果のメカニズム
関節症・腰痛症疾病で、「痛み」を訴える患者は炎症が刺激となり、痛みのセンサー(侵害受容器)が電気信号を送ることで、脳が痛みを認識します。
関節軟骨には神経が存在しないことから「軟骨の痛み」は、ひざ周辺の筋組織が継続的な緊張や拘縮などで硬くなり、それに伴った血流の悪化から来る「筋組織の痛み」であることが多いと考えられています。
また、慢性疼痛は、患部の炎症が回復していても痛みの神経回路が継続して過敏になっているため、鎮痛剤が効かないことも多い難治性の症状です。
神経ブロックは、局所麻酔薬を用いてそれぞれの神経の刺激伝達を遮断することにより、痛みの悪循環を断ち切ることが目的で行なわれる外科的治療ですが、本システムでは、注射の代わりにエレクトロポレーション導入装置「イーポレーションPR」を用いて、局所麻酔薬ではなく炎症や痛みを鎮める作用が認められるコンドロイチン・グルコサミン・MSMなどを高濃度配合した「イーピーエッセンスCSA」を、患部に注入します。
イーポレーションPRの特殊な電気刺激を与えながらマッサージ効果を加えることで、容易に筋の緊張がほぐれて柔らかくなり、血流の改善にもつながることから、単なるエレクトロポレーション導入に留まることなく、優れた相乗効果を生みだします。
本システムは、皮膚や筋組織を注射で侵襲することなく、消化管への副作用が懸念される非ステロイド鎮痛剤に頼らない「注射や薬物治療の代替法として、患部に直接アプローチする画期的な施術法」です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング