ビーコンを使ったO2Oアプリが簡単に作れる!アプリカン(R)がbeacon APIの提供を開始

@Press / 2014年12月17日 18時0分

アプリカンロゴ
 株式会社ニューフォリア(代表取締役社長:多田 周平、本社:東京都渋谷区、以下 ニューフォリア)は、ニューフォリアが展開するスマートフォンアプリ開発サービス「アプリカン(R)」で「beacon API」の提供を開始することを発表いたしました。iOSバージョンは2014年12月17日、Androidバージョンは2014年12月24日にリリースを予定しています。


 「アプリカン(R)」はユーザーがHTMLとJavaScript、CSSで構成・開発したWebアプリをiOS、Androidのネイティブアプリとしてパッケージする開発サービスです。通常のWebアプリでは利用できない端末機能にアクセスできるように拡張が施されており、Objective-CやJavaで開発されたアプリケーションと同等の機能を実現できるだけでなく、一つのWebアプリからiOS、Android両プラットフォーム向けのアプリケーションが開発できることが特徴です。

 今回リリースする「beacon API」により、iBeaconを利用したアプリケーションを「アプリカン(R)」で開発できるようになりました。「beacon API」の利用による「アプリカン(R)」の追加料金は発生いたしません。

 「beacon API」を利用することで、商業施設やスーパー・コンビニ等に設置されたビーコンからの信号をキャッチしたユーザーへ、展示作品の紹介や店舗のクーポンなどの情報を配信したり、ユーザーの移動軌跡情報を利用したスタンプラリー、O2Oアプリの開発が可能になります。


 iBeaconはBluetooth Low Energyを利用した、位置情報サービスを拡張する技術です。これまでiBeaconを利用するには、Objective-C、Javaなどのネイティブ向けのプログラミング言語で開発する必要がありました。今回「beacon API」が提供されたことにより、HTML、JavaScript、CSSというWeb技術のみでiBeaconを利用できるようになりました。Androidにおいては、アビダルマ株式会社より「Beacon SDK for Android」の提供を受け、iOSと同様にiBeaconの機能が利用可能となりました。

 「beacon API」の利用にあたっては、各企業の提供するビーコンを入手し、「アプリカン(R)」のコンテンツ管理画面からiBeaconの利用有無を選択することで「beacon API」が利用できるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング