~2014 レシーポ年間ランキング~飲料・酒カテゴリのランキングを発表ビールの1位は「アサヒ スーパードライ」、お茶は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」etc.

@Press / 2014年12月19日 14時0分

●「飲料カテゴリ お茶系ドリンク」の1位は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)購買理由データ」をもとにレシートポータルサイト「RECEIPO(レシーポ)」(receipo.com)を運営しています。
今回、「RECEIPO」で公開しているランキングのデータベースである「Point of Buy(R)購買理由データ」で2013年12月1日から2014年11月30日までに収集したレシートデータをもとに、飲料・酒カテゴリのレシーポ年間ランキングを集計しましたので、その概要を発表致します。

●「飲料カテゴリ お茶系ドリンク」の1位は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」

お茶系ドリンクの1位は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」で同カテゴリのレシート枚数に占めるレシートシェアは10.2%でした。購入理由では「飲みやすい」、「特売・セールされていた」などが挙げられており、具体的な購入コメントでは、「仕事帰りに、飲み物とアイスクリームが欲しくて寄りました。水かお茶系か迷ったが、今回、お~いお茶が、少し増量、値引き、nanacoポイントボーナス、さらに可愛いリラックマのペットボトルカバーも付いて、特典満載だったので、こちらに決めました。」(30代女性)、「お店で特売されていたこの商品を見つけ、いつも買っている商品で、家族も喜びますので、スグに購入を決めました。俳句が書かれていて、毎回楽しみにしています。20年以上前から売られているこのお茶が大好きです。」(60代以上女性)といったコメントが見受けられました。

●「飲料カテゴリ 乳酸菌飲料」の1位は「ヤクルト ヤクルト」

乳酸菌飲料の1位は「ヤクルト ヤクルト」で、レシートシェアは14.6%でした。購入理由では「整腸作用への期待」や「ブランドイメージの良さ」「家族が気に入っている」などが挙げられており、具体的な購入理由では「毎日飲んでいます量も丁度良いので子供にぴったりですヤクルトの乳酸菌は他よりも強いので、やはりヤクルトを買ってしまいます」(40代女性)、「一本あたりの量が少なく、手軽に飲めるのが他の商品と比べて良い点。味も少々濃いが甘すぎず良いと思う。昔から飲んでいるので親近感もある。」(40代男性)といったように、家族で飲める点や健康への期待が寄せられました。

@Press

トピックスRSS

ランキング