1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

自律神経の乱れが原因?疲れやだるさの解消法を薬剤師が解説

美人百花デジタル / 2021年7月3日 14時21分

写真

体が重い、疲れが抜けないなどの“体のだるさ”でお悩みではありませんか?

梅雨シーズンは湿気が多く天候も不安定なため、体調を崩しやすくなります。今回は薬剤師の道川佳苗さんに、不安定な季節に起こりやすい疲れやだるさの解消方法を教えてもらいました。

 

自律神経の乱れはなぜ起こる?

自律神経とは意識とは無関係に働き内臓の動きを調整する神経のことで、交感神経と副交感神経からなります。健康な状態では交感神経と副交感神経のバランスが取れているのですが、季節や生活環境、ストレスや疲労などの影響で、そのバランスが崩れると体調不良が引き起こされます。

具体的に梅雨の時期には、体が重くてだるい、疲れやすい、食欲がない、朝起きられない、気分が塞ぐなどの体や心の不調が出やすくなります。

漢方では、疲れやだるさの症状は「気虚(ききょ)」といって気(エネルギー)が不足した状態が原因のことが多いです。さらに全身に栄養を運ぶ「血(けつ)」が不足したり、「水(すい)」のバランスが乱れることでも疲れやだるさを引き起こすと考えられます。

自律神経のバランスを整えるには?

大切なのは、規則正しい生活を送ることです。夜眠っている間は副交感神経が優位なリラックス状態です。夜更ししてしまうと、副交感神経が働く時間に交感神経が働くことになり、神経の切り替えがうまくいかなくなります。

また、生活リズムを整えるために朝起きたら太陽の光を浴びて体内時計をリセットさせることが大切です。朝起きたらベランダや外に出て、ゆっくりと深呼吸することで体に新鮮な空気を取り込みましょう。心身のリフレッシュにもつながります。

その他にも、食事のバランスにも気を付けましょう。食欲がないからといって、冷たいものや口当たりの良いパンなどばかり食べていると気や血を生み出す元となる栄養素が欠乏してしまいます。薬膳では、大豆やさやえんどうなどの豆類や、玄米、もち麦などの雑穀にはやる気を出したり体のエネルギーを高める働きがあるといわれています。雑穀ごはんや豆ごはんなどにして取り入れてみてはいかがでしょうか?

自律神経を整えるツボ:内関(ないかん)

手首の内側のシワから指3本分下にあります。乗り物酔いなどの吐き気や自律神経の乱れ、緊張や不安を感じる時にも押すと良いでしょう。

疲れやだるさ対策の漢方薬

補中益気湯(ほちゅうえっきとう):気を補い、元気をつける代表的な漢方薬です。疲れやだるさ、気力がない、食欲がないなどの症状に効果があります。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):疲れに加え、冷えや貧血の症状がある人に向いています。気と血を補う漢方薬です。

季節の変わり目は疲れやだるさを感じやすいもの。生活を見直しても疲れがなかなか抜けない場合は、漢方薬を試してみても良いかもしれません。

漢方薬は、自分の体質や体力によって選ばれるので、まずはお近くの漢方薬局やオンライン薬局などで専門家に相談してみてくださいね。

薬剤師と相談しながら漢方を購入できるYOJOはこちらからチェックを!

 

教えてくれたのは

道川 佳苗(みちかわ かなえ)さん

漢方薬・生薬認定薬剤師、調理師。大学卒業後、調剤併設型ドラッグストアにて従事し服薬指導をする中、病気の予防、健康維持には食育が大切であると感じ、調理技術、栄養学を学ぶため服部栄養専門学校に入学し卒業する。その後、大手料理教室講師、漢方クリニックの門前薬局で煎じ薬の調剤、漢方相談、服薬指導などを経験。現在は今までの経験を活かし web上で健康相談や薬膳や漢方に関する情報発信をしている。

画像提供/PIXTA

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング