高橋優、大阪城ホール公演で自身過去最大のツアー完走!

Entame Plex / 2017年4月17日 8時50分

写真

高橋優、大阪城ホール公演で自身過去最大のツアー完走!

シンガーソングライター:高橋優が16日、大阪城ホールにて、全国ホール&アリーナツアー『2016-2017「来し方行く末」』のツアーファイナル公演を開催した。

本ツアーは、昨年12月3日の埼玉・狭山市市民会館での公演を皮切りに自身過去最大となる7万人を動員。そんなツアーを締めくくるツアーファイナル公演とあって、会場がオープンするとライブを今か今かと待つファンで一気に席が埋まっていき、超満員9000人の熱気に包まれる中、暗転と同時にSEが流れバンドメンバーが登場。

大きくなる手拍子の中、ステージセンターに設けられた一本の道の先に悠然と立つ高橋が現れると、会場のボルテージが一気に上がり、1曲目の「TOKYO DREAM」がスタート。

イントロからエッジの効いたギターサウンドとプロジェクションマッピングで映し出されたリリックを引き連れるように、高橋が全力で歌いあげる。



その勢いのまま、2曲目の「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」、3曲目の「太陽と花」とたたみ込み、最初のMCで、アルバムのタイトルであり、ツアーのタイトルにもなった“来し方行く末”について語り「このタイトルは、今まで歩いてきた道とこれから歩んでいく道のことを表わしているが、自分ひとりではなく、みんなと一緒に歩んできた道であり、これからも一緒に歩んで行きたい、そんな思いを込めてアルバムを作ったし、このツアーも回ってきました。そのこれからを一緒に歩んで行くためには、何が大切なんだろうと考えた時、行きついたのは“今”この時をみんなと一緒に最高な時間にすることなんだということです。だから大阪城ホールに集まってくれたみんなと今日ここで、今、最高の時間を作ろうじゃないですか!」と呼びかけ、最新アルバム「来し方行く末」に収録されている曲を続けて披露。

「アイアンハート」、「拒む君の手を握る」「Cockroach」とアルバムの幅広さを感じさせる作品から、自身初の楽曲提供となった「象」のセルフカバーへと続き、会場を高橋ワールドへと引き込む。

メンバー紹介の後、今回のツアーでは本番前に各地の名産食べ比べをバンドメンバーとやってきたと振り返り、「ここ大阪では、豚まんとお好み焼きを用意してもらいました! なので、我々、今日は大阪名物をパワーの源に最後まで頑張ります!」と語りかけ「君の背景」へ。

中盤ではこの季節にピッタリの「さくらのうた」なども披露、そして、ホームページでリクエストを募った“みなさんのターニングポイントとなった高橋優の来し方ソング”の上位に選ばれた楽曲を横浜アリーナ2公演、大阪城ホール1公演の計3公演、日替わりで披露するという特別企画では、「靴紐」と「駱駝」という懐かしい2曲を選んで届けた。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング