C・ロナウド4発で2試合連続ハット!!レアルは攻撃陣爆発の3戦18発

ゲキサカ / 2014年9月24日 5時31分

C・ロナウド4発で2試合連続ハット!!レアルは攻撃陣爆発の3戦18発

[9.23 リーガ・エスパニョーラ第5節 R・マドリー5-1エルチェ]

 リーガ・エスパニョーラは23日、第5節を行い、レアル・マドリーはホームでエルチェと対戦し、5-1で快勝した。FWクリスティアーノ・ロナウドが2試合連続のハットトリック達成となる4ゴールをマーク。3日前に行われた前節・デポルティボ戦(8-2)に続く大勝で、今季初の連勝を飾った。

 GKケイラー・ナバスが移籍後初先発となったレアルだが、試合は意外な立ち上がりを見せる。前半15分、エルチェのセットプレーから自陣PA内でC・ロナウドがファウルを取られ、PKを献上。これをDFエドゥ・アルバカルが決め、エルチェが先制した。

 しかし、ここからレアルが怒涛の猛攻を見せる。前半20分、MFハメス・ロドリゲスの正確な右クロスにMFガレス・ベイルが頭で合わせ、同点に追いつくと、同28分にはDFマルセロが獲得したPKをC・ロナウドが沈め、2-1と逆転に成功した。

 前半32分にはマルセロの左クロスにC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせ、3-1と突き放す。後半も終始、レアルのペースで試合は進み、後半35分にはPA内で仕掛けたC・ロナウドがPKを獲得。この日2本目となるPKを決め、2試合連続のハットトリックを達成した。

 C・ロナウドは後半アディショナルタイムにも自身4得点目となるダメ押しゴール。11年5月7日のセビージャ戦(6-2)以来となる1試合4ゴールで、チームを5-1の大勝に導いた。レアルは16日の欧州CL・バーゼル戦(5-1)、20日のデポルティボ戦(8-2)に続く公式戦3連勝。3戦18発と攻撃陣が爆発している。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング