[MOM1277]高川学園MF伊石祐也(1年)_天性の感覚が生んだ先制弾

ゲキサカ / 2014年12月31日 23時30分

[MOM1277]高川学園MF伊石祐也(1年)_天性の感覚が生んだ先制弾

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]

[12.31 全国高校選手権1回戦 都市大塩尻 1-2 高川学園 ニッパ球]

 あっという間のゴールだった。PK戦までもつれ込んだ第1試合に日大藤沢高が勝利。その余韻の残る中、佐藤輝勝監督が、インタビューを受けている際中に、スタンドから大歓声が起きた。歓声を起こしたのは、高川学園高の1年生MF伊石祐也だった。

 自陣からのロングボールを、FW梅田魁人(2年)がヘッドで落とし、転がったボールをゴールに蹴り込んだ。「梅田魁人くんから良いボールが来たので、あとは決めるだけだった。そこを決められて良かったです。常に梅田魁人くんが競ったら(最終ラインの)後ろにボールが来ると思って動いているので、決まって良かったです。シュートも狙ったコースに行きました」と、伊石は喜ぶ。

 総部員数67名のチームで、1年生ながら先発したのは、MF水本和弘と2人だけ。今年からチームの指揮を執っている江本孝監督は、「非常にズル賢い選手。ああいうところの嗅覚に優れているし、春先の段階から『アイツは使わないといけない』と思った」と、その能力を高く評価する。

「高校に入った時は、守備が全然できなくて。いっぱい怒られましたけど、教えてもらって日に日にできるようになりました。中学校のときは、攻撃面を伸ばしましたが、高校に入ってからは守備を指導してもらって。まだまだですけど、良かったです」と、監督の指導に感謝する伊石は、キックオフからわずか4分で先発起用に応えた。

 得点感覚は、天性のものだと自認している。「常に『ボールはここに来るな』と予測して動いています。小学校の頃から、いつもボールが自分の前に来て、気づいたら点が取れているんですよね」と、ゴールを挙げる秘訣は説明できないと頭を掻く。

 それでも、緊張せずに試合に臨むことができたのは、先輩たちのおかげと強調した。「先輩たちが、いつも『緊張するな』と声を掛けてくれるので、気が楽になって試合に臨めます」と言い、「出られない2、3年生もいるので、この大会で返していきたい。3年生は負けたら最後なので、3年生の悔いの残らないように、勝って優勝したいです」と、はっきりと言い切った。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク【特設】高校選手権2014
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング