汚名返上弾も反省が先に…香川「絶対決めなければいけないシュートを外したので」

ゲキサカ / 2015年9月3日 23時18分

汚名返上弾も反省が先に…香川「絶対決めなければいけないシュートを外したので」

[9.3 W杯アジア2次予選 日本3-0カンボジア 埼玉]

 前半42分、左サイドを突破したFW武藤嘉紀から絶好のクロスボールがゴール前に入る。そこに詰めていたのはMF香川真司。しかし、ゴールに流し込むだけかと思われたボールは、無情にもミートせずにGKの方向に飛んでしまった。

 ただ2点リードで迎えた後半16分、香川はゴール前で混戦となったボールを鋭いシュートで突き刺し、勝利を決定づける3点目を奪う。それでも試合後は「前半、絶対決めなければいけないシュートを外した」「自分のミスなので、絶対決めなければいけないですし、それが決まっていればもっと楽に試合を運べていた」と反省の言葉を並べた。

 しかしチームでの好調を示すように、得点という結果で示すことは出来た。「もっと精度を高めないといけない。もっとチャンスはあったのでしっかりと次の試合へ向けて修正していきたい」と話した香川。「最後の精度が悪かったので、相手も10人ぐらいPA内にいましたし、難しいのはわかりますけど、その中でどうやって崩すのかが課題。今日の課題を次に切り替えて、修正していきたいと思います」と、5日後に迫ったアフガニスタン戦への切り替えを強調した。

●ロシアW杯アジア2次予選特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング