大黒が鮮やか2発も…栃木は後半AT失点でドロー決着、甲府戦“初勝利”ならず

ゲキサカ / 2018年10月21日 16時1分

[10.21 J2第38節 栃木2-2甲府 栃木グ]

 J2リーグは21日、第38節3日目を行った。栃木県グリーンスタジアムでは栃木SCとヴァンフォーレ甲府が対戦し、2-2で引き分けた。栃木は4試合未勝利(2分2敗)、甲府は7試合負けなし(4勝3分)とした。

 試合は開始早々に得点を奪い合う展開に。甲府は前半7分、PA右角あたりからMF佐藤和弘が左にパスを出すと、後方から走り込んだMF小椋祥平が右足でダイレクトシュート。これがゴールネットを揺らし、甲府が先手を取る。

 しかし、前半11分に栃木がすぐさま追いつく。敵陣中央でFKを獲得し、キッカーのFW西谷和希がPA中央へふわっとした浮き球パスを送る。これに反応したFW大黒将志が後方からの難しいボールを右足ボレーで合わせ、1-1と試合を振り出しに戻した。

 栃木戦6勝2分と“得意”としている甲府は、追いつかれてしまうと、前半31分にアクシデント発生。DF小出悠太がDFパウロンとの接触で頭部を切ってしまい、一時はピッチに戻ったが出血が止まらず、アディショナルタイムにDF山本英臣との交代を余儀なくされた。

 後半は均衡した状況が続く。そして、勝ち越しゴールを決めたのはホームチームだった。後半26分、大黒がクリアしようとした山本とうまく入れ替わり、PA手前から右足アウトでシュートを放つ。これがゴール左下に突き刺さり、2-1。栃木がエースの2発で逆転に成功した。

 諦めない甲府は、FWジュニオール・バホスが相手のプレスに苛立ちをみせるシーンもあったが、後半アディショナルタイム3分、左サイドからMF高野遼が上げたクロスをFWジエゴが頭で合わせ、2-2。甲府が土壇場で引き分けに持ち込んだ。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第38節3日目 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング