1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ユース取材ライター陣が推薦する選手権注目の11傑vol.2

ゲキサカ / 2021年12月26日 7時53分

川端氏が注目するMF田澤夢積(青森山田高3年、右)とDF鈴木慎之介(米子北高3年)

 第100回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕します。ゲキサカでは「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権注目の11選手を紹介してもらいます。第2回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材する川端暁彦氏による11人です。

川端暁彦氏「高校サッカー選手権のようなビッグイベントを前にすると、さまざまな報道で注目選手がフォーカスされるものです。なので今回は、そうした報道で必ず出てくるであろうプロ内定選手や年代別日本代表に選ばれている選手たちは除外した上で、『これは』と思った無印良選手たちを選んでみました。1校1名ずつにしてあります」

以下、川端氏が推薦する11名
GK藤原陸(今治東中等教育学校3年)
今年は右足の半月板負傷という災難に見舞われ、選手権県予選はギリギリ間に合ったという状態だったが、得意の左足キックは健在。特にパントキックには自信を持つ。高さを活かしたハイボールの処理にも自信を持つ。憧れのGKはドイツ代表の名手、テア・シュテーゲン。

DF西村湧志(静岡学園高3年)
「中学まではトップ下とかサイドハーフやっていた」と語るとおりの攻撃派サイドバック。「守備はまだまだだけど、ドリブルには自信がある」と語るとおり、後方から運び出す、あるいは最後の突破で仕事をこなす。右利きだが左足を器用に使えるのも隠れた武器の一つ。

DF今西一志(阪南大高2年)
左の保田成琉(2年)がU-17高校選抜に選ばれるなど注目を集める一方、右の今西もかなりの実力派だ。元ドイツ代表DFフィリップ・ラームに憧れる右SBの特筆すべき武器はそのキック精度。攻め上がってのクロスボールはもちろん、セットプレーでも猛威を振るう。

DF宝納拓斗(佐賀東高2年)
後ろからビルドアップしていくスタイルにこだわる佐賀東の心臓はこの男。左利きのメリットを活かしてボールを持ちだし、鋭いキックで中盤につける、あるいは一気に裏を狙うロングフィードで局面を変える。高さ・強さの部分で全国のストライカーに対抗し、さらに評価を上げてプロ入りを狙う。

DF鈴木慎之介(米子北高3年)
当たりの強さ、ゴール前で諦めずに体を張る姿勢が目を惹くが、それだけの選手ではない。背走も素早く、機敏なカバーリングで広範囲を守る。今季の米子北は過剰に人数をかけるのではなく2CBだけでシンプルに守れる時間帯を増やしているが、それもこの男がいるからできることだ。

DF安木颯汰(西武台高3年)
シーズン当初の構想ではスタメンに入っていなかったというが、着実に結果を積み上げて異色の輝きを放つ存在に。守屋保監督が「びっくりするときがある」と笑う自由自在なポジション取りでピッチを駆け回り、左SBながらクロスをヘディングで合わせて主役を奪う。

DF片山大治郎(富山一高3年)
富山一が誇る大外の槍。「コーチからは『1対1になったら全部仕掛けるつもりでいけ』と言われている」とドリブルでの打開力に全幅の信頼を置かれており、スピード感満点のドリブルは天下一品。ドルトムントが大好きで、憧れの選手はイングランド代表MFサンチョ。

MF佐々木奈琉(帝京長岡高3年)
谷口哲朗総監督が「欠かせない選手。アイツは外せない」と語る右の翼。技巧派揃いのテクニシャンたちが中央から崩していくのが帝京長岡……と見せかけて、この男が右から決定的な仕事をこなす。アップダウンもしっかりこなし、前でも後ろでもプレーできる柔軟さも備える。

MF徳永涼(前橋育英高2年)
「守備がいいんだよね、守備が。ディフェンス力に凄いモノがある」。前橋育英・山田耕介監督がそう評するようになった急成長ボランチは、柏U-15出身らしく元々はテクニックが売りの選手。それが前橋育英に来て守備の楽しさを覚え、攻守兼備の名手になってきた。

MF江川楓(瀬戸内高2年)
U-17高校選抜に選ばれ、もはや“無印”という感じでもなくなってきた名手の卵。巧みな位置取りでディフェンスラインからボールを引き出し、得意のパス&コントロールからボールを前進させる。右足の精度の高いキックはシュートでも活かされる。選手権ではゴールに期待。

MF田澤夢積(青森山田高3年)
「中学でも最後はスタメンじゃなくなっていたので」と田澤本人が語るとおり、陽の当たる場所を歩んできた選手ではない。ただ、それでも諦めずに努力を続け、試合に出れば結果を残し、今季レギュラーを奪取。この地道に積み上げるマインドこそ“青森山田らしさ”の象徴だ。

執筆者紹介:川端暁彦
 サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長。2004年の『エル・ゴラッソ』創刊以前から育成年代を中心とした取材活動を行ってきた。現在はフリーランスの編集者兼ライターとして活動し、各種媒体に寄稿。著書『Jの新人』(東邦出版)。「#蹴球メガネーズ」▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください