【ラオス】ビエンチャンの至るところにあるコンビニ「M-Point Mart」

Global News Asia / 2015年8月31日 11時0分

ナイトバザールのそばにあったM-Point Mart。(高田胤臣 撮影)

 2015年8月31日、ラオスの首都ビエンチャンは景気が非常に良いのか、めまぐるしい発展をこの数年の間、ずっと続けている。しかし、まだまだ外国のチェーン店はあまり来ておらず、コンビニエンスストアなどは個人経営の店などが多い。

 そんな中、昨今のビエンチャンには「M-Point Mart」というコンビニが急増している。品揃えはごく普通のコンビニといった感じで、商品の90%は隣国のタイから輸入されたものになっている。ただ、昔のフランス統治の名残もあってか、チーズやハムなどの陳列が豊富な点はタイとは違う。

 海外旅行の際に最初に戸惑うのは物価感覚を掴むことだが、コンビニはどこも同じ値段であり、その国の物価のスタンダードなので、旅行初日はまずはコンビニに足を運ぶのがいい。この「M-Point Mart」はビエンチャン市内の各地にあるので、そういう意味でも重宝できる。

 ただし、気をつけたいのは24時間営業ではない点だ。

 昨今のビエンチャンでは取り締まりはあまりないそうだが、社会主義を採っているラオスでは本来は深夜は外出禁止だという。そのためもあってか、「M-Point Mart」は朝6時から深夜0時までしか営業していない。それでもラオスでは画期的なほど早くにオープンし、遅くまで営業しているのだが。

 ラオスに来たら一度は飲んでおきたいビアラオも充実。一般グレードからゴールド、黒ビールと揃っている。値段もコンビニではソフトドリンクとほんのわずかしか変わらないほど安い。
【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング