タイ、オーストリア、日本が舞台の映画ぬくもりの内側がバンコクでクランクアップ

Global News Asia / 2019年11月23日 10時15分

千葉南房総のロケでの撮影シーンより 左から、白石美帆さん、三田佳子さん、写真提供:Issey Film

 2019年11月11日、バンコク チャオプラヤー川沿いのワット・ブッカロー寺院で、日本各地とオーストリアからタイへと7カ月間に渡って撮影された映画「ぬくもりの内側」がクランクアップし、田中壱征監督が関係者への感謝とともにタイを後にした。

 田中壱征監督の新作映画「ぬくもりの内側」は、人生最期の生き方をテーマに、原作から脚本まで監督自身が手がけた。出演は、白石美帆、三田佳子、音無美紀子、島田順司、えのきさりな、野村真美、スギちゃん、森岡豊、黒坂真美、高樹澪、小野寺丈、高杉一穂、大林素子など豪華ラインナップで、千葉県、東京都、長野県、大阪府、鳥取県、沖縄県、オーストリア ウィーン、タイ バンコクと各地でロケが敢行された。

 ウィーンでは、日本・オーストリア国交樹立150周年記念の祝福を兼ね、一週間のロケを敢行。また、バンコクロケではタイ在住の日本の子ども達も参加した。

 物語は、余命宣告をされた登場人物たちが、残された人生をどう過ごして行くか? どのように人と関わり、愛を育んで行くのか? 生きてきた愛の証しを、最期に何をどう残して行くのか? など現実に横たわる問題に向き合いながら、終末ケア、緩和ケア・看取りという現代社会において重要なテーマを軸に、その根底には流れる「愛とぬくもり」を幅広い年齢層の心に訴えかける作品になっている。

 田中監督は、前作品「Tokyo Loss」で2017年アジア最大の釜山国際映画祭の釜山市友好作品賞を受賞。その後、台湾で開催されたアジア国際映画祭でノミネートを受賞。2018年には、米国ハリウッドにてオスカーアカデミー賞VIEWINGに日本人監督として公式参加。その後、米国ニューヨークで凱旋プレミアム上映を成功させ、10月には、フランス政府認定の社会功労奨励章文化芸術部門「オフィシエ勲章」受章するなど国内外で近年注目されている国際派の監督だ。

 田中監督は帰国を前にスワンナプーム国際空港で、見送りの関係者と記者たちに目頭を熱くしながら、感謝の意を述べた。「国内外の出演俳優様と所属事務所様、プロデューサー様と全スタッフの方々、協賛企業様と御協力いただいた多くの皆様、これまでの長い月日の間、誠に有り難う御座いました。皆様のお陰で、クランクアップまで辿り着くことが出来ました。私は今回、クランクアップ日の夜、20年前に住んでいたバンコク、スクンビットのアパートメントを久々に訪れることが出来ました。8階建て黄色の建物の7階の角部屋。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング