コスパ高っ!世界中のソルジャーが使うSnugpakの冬キャンプ向け新作寝袋

&GP / 2019年11月9日 23時0分

写真

コスパ高っ!世界中のソルジャーが使うSnugpakの冬キャンプ向け新作寝袋

キャンプのシーズンと言えば夏と思いがちですが、冬キャンプでしか味わえない魅力にハマるキャンパーが年々増えています。人の少ないキャンプ場、冬の澄んだ空気と満天の星空、より暖かく美味しく感じる素朴な食事、燃え盛る焚き火…。想像するだけで心が躍りますよね。

アウトドアの醍醐味が凝縮されている冬キャンプですが、防寒対策だけはしっかり準備していきたいところ。特にシュラフ(寝袋)は暖かく保温性に優れたものを選ばなければ、寒くて眠れない辛い一夜を過ごすことになります。

シュラフ選びで失敗したくないなら、各国の兵士が愛用するSnugpak(スナグパック)のシュラフがおススメ。11月中旬より新発売の「ソフティーエリート5」(2万1000円/税別)は、快適温度−15度を実現した、高性能・高コスパのシュラフです。

▲「ソフティーエリート5」

スナグパックはイギリス発のアウトドアブランド。究極の環境下で機能するアウトドアギアを世界中に送り出しており、その品質の確かさは、世界各国の軍隊が正式採用していることでも証明されています。

中でも「ソフティーエリート」シリーズは、スナグパックが誇る高機能素材 “PARATEX” と “Softie” を採用し、コストパフォーマンスに優れた人気モデルです。表地には引き裂き強度の強い“PARATEX Micro”、中綿には軽量かつ再膨張力に優れ、ダウン級の高い保温性を持つ“Softie”を用い、冷え込む冬の夜も快適に過ごすことができます。

今回新発売の「ソフティーエリート5」は、快適温度−15度という高スペック、しかも価格は2万円台前半という高コスパを実現。冬キャンプが一気に身近になる、頼もしいシュラフです。

また既存のモデルとして、快適温度2度の「ソフティーエリート2」(1万6500円/税別)、快適温度−5度の「ソフティーエリート3」(1万8000円/税別)、快適温度−10度の「ソフティーエリート4」(1万9500円/税別)もラインナップしています。

シュラフの形は身体をすっぽりと包み込み、保湿性が高いマミー型。マミー型は密着性が高く無駄な隙間が少ないため体温を逃しにくい半面、慣れるまでは寝苦しさを感じる人もいますが、「ソフティーエリート」は周囲を160cm~185cmに調整し、寝心地を変えられるエクスパンダ・パネルシステムを採用しており、シュラフの密着感を自分好みに調節できます。

足元は強化裏地で足型になっており、靴のまま入ることも可能。また足元を折り返してフックで固定し、小柄な人も自分の身長にぴったりと合うよう長さを調節できます。

冬キャンプデビューを考えている人や、冬の装備を買い替えようと思っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

>> Snugpak

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング