【エンタがビタミン♪】内田裕也さんの訃報受け『AKB48 SHOW!』が収録を回想 「ノリノリで歌ってくれました」

TechinsightJapan / 2019年3月19日 20時16分

写真

内田裕也さんが3月17日、東京都内の病院にて肺炎のため79歳で亡くなった。昨年9月15日に妻の樹木希林さんと死別してから約半年後に後を追うような最期である。彼が2度出演したことのある音楽バラエティ番組『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム)は、訃報を受けてオフィシャルブログで収録を回想した。

「内田裕也feat.指原莉乃」名義で2014年6月11日にリリースした『シェキナベイベー』は内田さんにとって29年ぶりのシングルであり、事実上のラストシングルとなった。

2014年6月、内田さんがゲストボーカルにHKT48の指原莉乃を迎える形で『シェキナベイベー』をコラボしたのが最初の出演だ。ミュージックビデオに合わせて101スタジオに巨大なセットを組みサイドカーを使って収録、『AKB48 SHOW!』スタッフは「裕也さんはご機嫌でノリノリで歌ってくれました」と振りかえる。

さらにその夏、7月13日に福岡・海の中道海浜公園で行われた『HKT48アリーナツアー~可愛い子にはもっと旅をさせよ~』ファイナル公演に、内田さんがサプライズ登場して指原と『シェキナベイベー』を披露した。

『AKB48 SHOW!』から潜入レポートをしていたNMB48の石塚朱莉が内田さんへ突撃取材を行い、ライブとインタビューによる2度目の出演となったのである。

ブログでは当時のオフショットを公開しつつ「このように内田裕也さんには(縁のなさそうな)AKB48SHOWに2回出演していただくことができました。心よりご冥福をお祈りいたします」と結んでいる。

また、内田さんは自身のTwitterで2014年6月1日に「指原莉乃24時間TVにゲスト出演した! 元気なので少し安心した。総選挙は7日…」とツイートすると、7日には「初めてAKB48総選挙をテレビで見た。指原莉乃は2位だった。いつの間にか強くオウエンしていたので、オーッという気持ち。でも堂々の2位! よく頑張った! サッシーらしく来年1位を奪い返せ!」と激励した。

そして翌年の6月7日には「おいおいおい、マジかよ!! こんな世界情勢の中でAKB総選挙!! 違う世界の出来事のようだが、ナント指原莉乃が1位を奪還した。マジにタレント性のある面白い娘! オメデトウ!! お祝いにビキニを贈ります!! シェケナベイベー! ROCK’N ROLL! 内田裕也」とツイートしていた。

『シェキナベイベー』をきっかけにアイドルの世界で戦う指原の姿を知り、「ロケンロール」の血が騒いだのかもしれない。これからも天国で応援してくれることだろう。



画像1枚目は『avex 2014年5月30日公開 YouTube「内田裕也feat.指原莉乃 / シェキナベイベー(Short Ver.)」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング