1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】豊胸手術から目覚めた女性、頼んでもいない豊尻になって絶句(露)

TechinsightJapan / 2021年2月12日 4時0分

写真

ロシアのモスクワで働く3児の母リューボフ・ラウファーさん(Lyubov Laufer、45)が、自身が経験したあまりにも衝撃的な美容整形について語り注目されている。豊胸手術から目覚めたリューボフさんは、まるでキム・カーダシアンのようになった臀部に絶句したという。『The Sun』『LADbible』などが伝えた。

臨床心理士のリューボフ・ラウファーさんは今から7年前、モスクワから飛行機で4時間以上をかけてノヴォシビルスクへ飛び、インプラントによる豊胸手術を受けた。

しかし最近になってインプラントを挿入した部位が炎症を起こし、リューボフさんは豊胸手術をした形成外科のタチアナ・ロマノフスカヤ医師(Dr.Tatyana Romanovskaya)に相談を持ち掛けた。

ロマノフスカヤ医師は業界では有名な女医で、リューボフさんは「インプラントを取り除いた後に、脂肪注入による豊胸を行いましょう。自身の腹部などの脂肪を使うので安心なうえ、美しい胸を保つことができますよ」と勧められ、手術を受ける決意をした。そしてせっかくだからと「豊胸後に余った脂肪があれば、臀部に少量だけ注入して欲しい」とお願いした。

こうして再びノヴォシビルスクへ飛んだリューボフさんだが、手術開始直前になって「本日の手術はロスタム・カーマンバエフ医師(Dr.Rustam Kurmanbaev)が担当することになった」と告げられ愕然とした。

リューボフさんは「泣きたい気持ちを抑え、『医師が違っても全く問題はない』という病院側の言葉を信じて、手術をお願いしました。手術には約56万円をかけ、5時間を要しましたが、その結果は惨憺たるものでした」と語ると、こう続けた。

「集中治療室に運ばれた私は、激しい痛みで目が覚めました。痙攣が止まらず、酸素マスクを付けられていましたが、カーマンバエフ医師はそんな私の様子を一度も見に来ることはなく、翌日には退院させられました。」

「手術後の身体を見た私は、恐怖で震えました。脂肪をとった腹部は2つに割れ、肝心の胸はショボショボで形が崩れてしまっていました。そして臀部はまるでキム・カーダシアンのようになっていたのです。カーマンバエフ医師は、身体のあちこちからとった約2リットルの脂肪のほとんどを臀部に注入したのです。頼んでもいないのにです。」

「モスクワに戻ってから私を診察した別の医師は、身体にできた穴や傷を見てショックを受けていました。医師には『元の状態に戻すには最低2回の手術が必要。ただ成功を確約することはできない』と言われています。私はこの手術で仕事を失い、夫は怖がって私にハグをしてくれなくなりました。」



しかし悪夢はここで終わらなかった。怒りが収まらないリューボフさんが自身の身体の写真をSNSに投稿したところ、カーマンバエフ医師がリューボフさんを名誉棄損などで訴えたのだ。ただ裁判ではすでに同医師の敗訴が確定しており、リューボフさんは手術代の返金を求めるほか、倫理委員会を通してカーマンバエフ医師を訴える構えでいるという。

なおこの件について『LADbible』は、ノヴォシビルスクの病院に取材依頼をしているが、医師からのコメントはないようだ。

このニュースには「最悪なケースだね」「お気の毒」とリューボフさんへの同情の声があがったが、「夫と3人の子供がいる45歳の女性が、なぜ豊胸? 私には理解できない」「こんな手術で命を失うこともある。ラッキーだったと考えては?」「手術に同意した女性にも非がある。自業自得だと思う」「臨床心理士が自分を受け入れずに豊胸?」「危険を承知でやったのでしょう? 諦めたら」といった辛口のコメントが数多く寄せられている。

画像は『LADbible 2021年2月10日付「Woman Wakes Up From Boob Job To Find Bum Has Been Made ‘Horrifying’ Size」(Credit: Newsflash/Lyubov Laufer)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング