【エンタがビタミン♪】”ももクロ”楽曲提供のmichitomoが手がける「泡ドル」が「泡フェス」に初登場! 泡・泡・泡の会場は大盛り上がり。

TechinsightJapan / 2014年8月16日 19時35分

写真

時折小雨が降る16日、東京・豊洲「MAGIC BEACH」にて「泡フェス」が開催され、泡にまみれたい若者たちが集結した。泡から生まれた新アイドル「泡ドル」も初お披露目され、泡まみれとなった会場は異様な盛り上がりをみせた。

ももいろクローバーZなど数々のアイドルやアーティストに楽曲を提供するmichitomoが作曲およびプロデュースすることでも注目を浴びる「泡ドル」が泡にまみれる「泡フェス」にて初登場。本格的なダンスミュージックと泡を発射するパフォーマンスを行う新世代アイドルだ。



昨日リーダーが決まったことが明かされた「泡ドル」。結成されて間もないメンバーたちがステージ上で自己紹介をする姿は、まだ初々しい。「泡のように鮮明に輝きたい」と挨拶したシュリンは最年少の14歳で中学3年生。山形県出身のホノカは普段は109で働いているという。10月8日(泡の日)にCDデビューすることが発表され、知らされていなかったメンバーたちは、驚きと喜びでいっぱいとなった。



パーティークリエーター“afromance(アフロマンス)”が今回のために、通常の泡マシーン(泡を噴射させる機械)の10倍もの泡を一気に噴射する「デカ泡マシーン」を国内初導入した。噴射されたものすごい泡の量で会場に詰めかけた若者たちは、泡だらけとなり、ステージ上のパフォーマーたちと大いに盛り上がった。

今回は、初お披露目ということで紹介のみだった「泡ドル」のメンバー。10月のデビューの時には泡を発射するパフォーマンスとダンスで観る者を圧倒して欲しい。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング