SUの不倫相手・江夏詩織って誰? 彼女が怒らせたのは大塚愛ではなく、芸能界のすっげえ怖い人たち

TABLO / 2018年12月6日 10時42分


 公式サイトを10月31日に閉鎖した、RIP SLYME。そうせざるを得ない状況を作った張本人であるSUが、「全ての責任は私」と謝罪した上で、5人での活動休止を明らかにしました。

 SUは2010年に歌手の大塚愛と結婚し、翌年に長女が誕生。元々、女性にだらしのない性格で知られていましたが、昨年4月にモデルの江夏詩織との不倫疑惑が報じられました。

「改心してすぐに女と別れていれば、RIP SLYMEは存続していたはずです」と話すのは、音楽関係者のSさん。

「SU以外のメンバーはあの不貞報道後、〝また女性問題か〟とスルーを決め込んでいた。それぞれの活動もありましたし、くだらないことで気をとられたくはなかったと思うんです。もういい大人ですからただの火遊びだろうし、すぐに女とも別れるもんだと誰もが思ってたんですけど、しかし別れるどころかより深い関係に発展。子供と妻のいる家にも帰らず、女の家に入り浸る毎日だったことと、一部報道にもありましたが愛人による正妻への嫌がらせ行為が目に余るとし、エイベックスの松浦さんが絶対に許さないと大激怒したんです」(音楽業界関係者)

 RIP SLYMEは、大手芸能事務所の田辺エージェンシーに所属しています。社長の田邊氏は言わずと知れた芸能界のドンで、闇豪腕と称される人物。一方、大塚愛はエイベックス・エンタテインメントに所属し、音楽業界に多大な影響力を持つ松浦社長がバックについています。

「松浦さんの怒りはすぐに田邊氏の耳に入ったと聞いています。田邊氏は業界の重鎮ですし、日本音楽事業者協会の会長でもいらっしゃる。業界の先輩として、これ以上ことを荒立てないようにしなくてはなりません。ここは変な借りを作らないように、RIP SLYMEという名義を一度リセットすることでひとつの
責任を果たしたのではないか? というのが、業界内に漏れ伝わってる話です。つまり、SU以外のメンバーは連帯責任を取らされた形。メジャーなグループが無期限の活動停止というのは決して穏やかなことではないですし、むしろ一大事です。松浦社長もある一定の理解は示したのではないでしょうか」(同上)

 さて、SUのお相手で大塚愛に嫌がらせ行為をしていたとされるモデルの江夏詩織という人物ですが、彼女は以前、北原詩織という名前で活動をしていました。集英社のファッション誌に出ていた頃と比べると、やや顔の造形が異なるような気もします。年齢は23才なので、SUとは親子ほど離れてます。彼女をよく知るヘアメイクさん曰く、

「モデルでデビューして間もない頃から男関係でだらしない子って噂で聞いていて、見た目は清楚なのに本当? と思ってました。特徴としてはものすごい自信家で、自分のお顔が大好きな子。鏡ばかり眺めていましたね。SUの前は雑誌セブンティーンで共演した千葉雄大くんと付き合ってるとかで自慢してましたよ。結構、モデルちゃん同士って仲良しだったりするんですけど、彼女はどちらかといえば一匹狼タイプだったかな。新人モデルや苦手なモデルと現場が一緒になると不機嫌になるので、扱いづらい子だなぁと思いながら接してました。あと、彼女のお顔に関しては少しずつ変化していったというところで勘弁してください(爆)」(ヘアメイク)

 手足が長く、きょとんとした童顔が人気で男性ファンも多かったという江夏詩織。現在はLOVEFILMというバンドに在籍しているようですが、名義のみでライブ活動は一切行っていません。前出が続けます。

「仕事仲間から聞いたんですが、現在彼女はフリーランスのはず。モデル業もやってなければ音楽の方もうまくいってないみたいだし、だから今はただのお嬢さん。あれだけ騒ぎを起こしてRIP SLYMEを地獄に落とした張本人なのにインスタもツイッターもしばらく平常運転してて、さらにはSUさんと今も付き合ってると聞いてますから、不倫からの略奪婚という線もあるのかもしれない。いつからか彼女のことを清楚系ビッチと呼ぶモデルの子がいて、なにそれ! とか思ってましたけど、言い得て妙ですよねぇ」

 事の重大さにやっと気づいたのか、あるいは影の力が働いたのか。最近はインスタもツイッターも更新が途絶えてる江夏詩織。彼女ほど肝が座っていれば、またいつの日かしれっと復活するかもしれませんが、たとえ復活したとしても、芸能界で再び生きていくことはもう出来ないかと思います。なにしろ、敵に回した人物が大物すぎますから。ご愁傷様です。(取材・文◎那目鯛子)

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング